2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 推理作家ポー 最期の5日間
Share/Bookmark


photo_intro.jpeg

このブログは閉じるつもりだったのですが、
映画の記録の場として残そうかな。
と思い直しました。
なんで人(私)は映画だの本だのの感想を言いたがるんだろう?

しかし。
ああ、なんて愚かなんだろう、私って。
ポーという名に思わず惑わされてしまいました。
そう言えばカポーティの映画がありましたね。
シャーロック・ホームズもハリウッドナイズされました。
あのミステリを書く引き金は実は、や
ちょっと昔のゴシックな感じ、とか、もう、なんか、
既存の名作・名作家荒らしも最近の映画作りの定番手法となって参りました。

もっとも、カポーティは観ていませんが...。
あれは良さそうですが...。

とにかく、
主人公のキャラ設定が安易、
ストーリーもありがち、
無駄に残酷。

でも器用ではあるかも。
と思いました。
なんか無難にこなしてはいます。
って言うか、作り手の、
「こうしておけばいいでしょ。」
的意図が見えます。

という感じです。
いろいろ言いたいことはあるのですが、
一番???だったのはラストです。
なんですかあのクレジットは。
全然ゴシックじゃなくて実に安っぽくてかっこ悪い。
あのセンスはよくわかりません。

ま、どうでもいいですけど。

『危険なメソッド』は当たりであることを祈っています。
クローネンバーグだから大丈夫だと思いますが...。

【映画】 Moon
Share/Bookmark


月に囚われた男 コレクターズ・エディション [DVD]月に囚われた男 コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/08/11)
ケヴィン・スペイシー(ガーティの声)、サム・ロックウェル 他

商品詳細を見る


邦題 『月に囚われた男』。

友人に勧められて観賞。
大変面白うございました。
最初女の人が出てきた時はそっち系のコワイ話かと思ったらもっと怖かった。
あの絶望感ったらないですね。
まあ人類がクローンに対してとはいえ
そんな残酷な事をするとは思えないけれど、
でも怖すぎます。
ガーディが救いでしたが。

ちょっとわからないところがあったので
機会があったら日本語字幕付きで見直したいです。

【映画】 October Sky
Share/Bookmark


遠い空の向こうに [DVD]遠い空の向こうに [DVD]
(2012/05/09)
ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー 他

商品詳細を見る


邦題『遠い空の向こうに』

DVDを人から貰ってずっと手元にあったのに何故か観ていなくて
ようやく本日観賞。
良い映画でございました。
主人公のジェイク・ギレンホールがあまり好きな顔じゃなかったけれど。

映画自体には特に言うことはないかな。
(私の好みとは違うので)絶賛はしないけれど、
けなすところも見当たらない、
本当に良品って感じの映画。
先生役のローラ・ダーンはこういう素敵な女性が似合います。

NASAのエンジニアHomer Hickamの自伝が原作だそうなんですが、
これが実話か、と思うと見方が変わります。
なにか成し遂げた人の人生ですからね、
ひねくれて見ようがない。
頑張ろうかな、という気になります。

タイトルの『October Sky』って何だったんだろう?
と思っていたら「Rocket Boys」のアナグラムだそうです。
すごくきれいにまとまったものだと感心。

【映画】 The Hunter - ロッテルダム国際映画祭2012 9
Share/Bookmark


Screen shot 2012-02-05 at 23.18.29

AUSTRALIA 2011
Director: Daniel Nettheim
Cast: Willem Dafoe
 Sam Neill
 Frances O'Connor
 Morgana Davies
 Finn Woodlock

ヨーロッパプレミア&クロージングフィルムということで、
監督さんの挨拶がありました。
終った後あまり盛り上がらない質問コーナーがあってみたり。

オーストラリア映画ということで
オーストラリア訛りが強いこと。
で、結構、聞き取れませんでした。
例えば『The Descendants』も舞台がハワイなので
ハワイ訛りが強く聞き取りづらかったのですが、
『The Descendants』は字幕があったので結構助かりました。
字幕はオランダ語ですけどね。
ないよりはあった方が理解を助けるわけです。
でもこの『The Hunter』は字幕が全くなく、
それが辛かったですねー。
満腹の後&22:15開始で途中で眠くなったし。

いい映画だと思います。
でも前半は眠気と戦っていたので
私は何も言う資格がないかもしれません。
もう一回観たいです。

基本壮大な大自然描写で映像は美しいのですが、
最後のタイガーのCGがちょっとちゃちかったのが残念。

【映画】 Shame - ロッテルダム国際映画祭2012 8
Share/Bookmark


Screen shot 2012-02-05 at 22.59.24

UNITED KINGDOM 2011
Director: Steve McQueen
Cast: Michael Fassbender
 Carey Mulligan
 James Badge Dale
 Nicole Beharie

暫く『X-MEN』のマグニートに見えてしょうがありませんでした。
あと監督の名前がスティーブ・マックイーンで、
一瞬、え? と思ってしまいました。
そんなわけない。

主人公が性依存症ということで
事前にR-17指定だとか性描写が激しいとかいろいろ聞いていたのですが、
思ったより普通でしたよっと。
ウワサが先走りしているのか
私に情報を話した人の思い込みが激しいのか。

性依存症の兄とリストカット癖のある妹。
壊れている兄弟ってやっぱ先天性なのかしら、
と思ってしまうリアリティが。

ちょっと心に病やトラウマを抱えている人達って好きな題材なんですが、
主演二人もとても良いですし(本当にいい)
ストーリーも、ま、いいんですが、
好きと心から言えないのは
その病が性依存症だからかなあ?
自分でもわかりません。
そうじゃないと思いたいのですが。
若干想像が難くないクライマックスのせいかもしれません。

【映画】I Wish - ロッテルダム国際映画祭2012 7
Share/Bookmark


Screen shot 2012-02-05 at 22.27.06

JAPAN 2011
Director: Kore-Eda Hirokazu
Cast: Maeda Koki
 Maeda Ohshiro
 Joe Odagiri
 Nene Ohtsuka
 Kiki Kirin
 Hashizume Isao

邦題『奇跡』。

離婚した両親を持つ小学生の兄弟が、
奇跡を求めて友人を連れて小旅行をするというおハナシ。

是枝さんということで選択。
良い映画でした。
一緒に観た友達のボーイフレンド(ベルギー人)も
良い睡眠を取れたようです。
...
拍手も起きたし是枝さんは海外にも評判がいいので
ヨーロッパ人に受けないというわけではないのでしょうが、
恐らく良い評価をする人やこの映画を選んだ人の少なくない数が
日本やアジア映画に興味がある人達だと思うので、
うーむ。
普通のヨーロッパ人には、
ちょっと日本的すぎるのかもしれませんね。

しかし樹木希林って本当に演技がうまいんですけど、
他の役者さんと並ぶと
なんかいやらしいくらい演技がうまいですね、
と思ってしまいました。

一つ気になった点が。
主人公の兄弟を演じているのが芸人のまえだまえだなのですが、
お父さんがオダギリ・ジョーでお母さんが大塚寧々の美形夫婦で、
の割には子どもが可愛くないっていう...。
ま、いいんですけど...。
兄弟どっちとも演技は良かったし。

あとさり気に出演者が豪華でしたね。
先に書いた樹木希林とか(ここはまだ分かる)、
長澤まさみとか
夏川結衣とか。
ちょっと豪華すぎるような気も。
気にしなきゃいいんでしょうけど。
ま、外国では関係ないですけど。

【映画】 The Descendants - ロッテルダム国際映画祭2012 6
Share/Bookmark


Screen shot 2012-02-02 at 00.16.07

USA 2011
Director: Alexander Payne
Cast: George Clooney
 Shailene Woodley
 Amara Miller
 Nick Krause
 Patricia Hastie
 Beau Bridges
 Judy Greer

ジョージ・クルーニー主演ということで、
チケットはほぼ完売の『The Descendants』です。
邦題は知りません。

えーっと、今回の映画祭で観た映画の中で、
現時点で一番良かったです。
コンペティション対象じゃないのか評価シートはもらわなかったのですが、
もしもらっていたら5をつけてましたね。

人生って簡単じゃないよね、時に理不尽だよね、
というストーリーなのですが、
要所要所に笑いがあり、
全体に温かさを感じました。
愛があれば人生のある程度までの辛さ・困難さは乗りきれるんじゃないか、
という気分になります。
こういうのを「ハートウォーミング」と言うのではないかしら。

私は今までジョージ・クルーニーは二枚目でしか見たことがなかったのですが、
こういう普通のおじさん役もできるんだなあ、と
ちょっと見直しました。

うーん、この映画のうまさは、
やっぱりハリウッドの安定感なんですかね。
でも『HUGO』とかには感じなかったんですよねー、
やっぱり作り手とストーリーかなー
(何本か観てきて一本目の『HUGO』評価が下がってきている私です。
 一般的にはすごく評価が高いのは知っていますが)。

大手を褒めるのは能がないようでちょっと悔しいですが、
良い映画だと思います。

«  | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。