FC2ブログ

In The Cage

ARTICLE PAGE

【映画】バグダット・カフェ/Out Of Rosenheim - New Directors Cut

本とか映画とかアートとか
  • comment0
  • trackback0
outofrosenheim.jpeg
English Title: Bagdad Café
1987 Germany
Director: Percy Adlon
Marianne Sägebrecht, CCH Pounder, Jack Palance

★★★★☆

ミニシアターブームの代表作。
主題歌『Calling You』があまりにも有名。
この曲を訊くだけで20年前に戻ってしまう。

そんなに遠くない映画館で上映が始まったので、
ノスタルジーになるべく観に行って参りました。
いややはり名作です。
ニューディレクターズカット版の
何がどう違っていたのかわからなかったけど(すみません)、
画質調整なんかがされていたようだ。
アスペクト比や色彩など、
オリジナルを愛する人には恐らく嫌な改変だったのだろうと想像する。
色は特にねー。

そしてオリジナルタイトルが『Out Of Rosenheim』だったことを
今頃知る詰めの甘い私。

大好きなんだけど★が5じゃないのは、
やはりあの仲良くなってからの唐突感。
え? ミュージカルですかこれ。
ブレンダ歌うますぎじゃね?
みたいな部分かな。
狙いなのかもしれないけれど、
私には全体から見るとそぐわないように思えて、残念ポイント。

一方ありがちなストーリーの中で
(ストーリー自体がありがちなことは誰も否定できないはず)
そこから一つ抜けるのは、
「Too harmony」
と一言残し去っていくデビー。
柑橘類の苦味のような、
これがあることで全体がだれていない感じがしていい。

もう一つは最後で、
結婚を申し込まれ、
「I'll talk with Brenda(正確には違ったかも)」
で暗転。
素晴らしい。
20年前友人が、
「この一言のために今までがあったんだよね」
と評したのを思い出す。
いま観てもやはり良い。

やはり名作だなあ。
ブームだけじゃなかった。
そしてそう確認できて良かった。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply