2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 推理作家ポー 最期の5日間
Share/Bookmark


photo_intro.jpeg

このブログは閉じるつもりだったのですが、
映画の記録の場として残そうかな。
と思い直しました。
なんで人(私)は映画だの本だのの感想を言いたがるんだろう?

しかし。
ああ、なんて愚かなんだろう、私って。
ポーという名に思わず惑わされてしまいました。
そう言えばカポーティの映画がありましたね。
シャーロック・ホームズもハリウッドナイズされました。
あのミステリを書く引き金は実は、や
ちょっと昔のゴシックな感じ、とか、もう、なんか、
既存の名作・名作家荒らしも最近の映画作りの定番手法となって参りました。

もっとも、カポーティは観ていませんが...。
あれは良さそうですが...。

とにかく、
主人公のキャラ設定が安易、
ストーリーもありがち、
無駄に残酷。

でも器用ではあるかも。
と思いました。
なんか無難にこなしてはいます。
って言うか、作り手の、
「こうしておけばいいでしょ。」
的意図が見えます。

という感じです。
いろいろ言いたいことはあるのですが、
一番???だったのはラストです。
なんですかあのクレジットは。
全然ゴシックじゃなくて実に安っぽくてかっこ悪い。
あのセンスはよくわかりません。

ま、どうでもいいですけど。

『危険なメソッド』は当たりであることを祈っています。
クローネンバーグだから大丈夫だと思いますが...。
スポンサーサイト

コメント/comment

おお、復活?

mixiの新着日記に出てるのをみて、一瞬目を疑ったよ(笑)。
ほんとになんで本や映画の感想をいいたがるんだろうね。
まあ、私の場合ほんとうに自分のための記録用が主だから
ネタばれしんように書いてるけどね。

カポーティの映画は好きだったけどな。

nievesさま

私もコメントの通知を見て目を疑った(笑。
復活と言うか、なんか映画の記録を残す場所は欲しいなーと思って。地味にやりたいのよね、ブクログみたいに。でもブクログは本と決めているので...。
多分読んでくれてるの、nievesさんだけだよ。はっはっは。

カポーティのは良さそうよね。
nievesさんが好きと言うなら、やっぱりいいのかも。

ぐふふふ、私も読んでます。
日本で派手に復活っ!と思いきや、地味に…ということなんですね。
私はなまけたろうくんにも再会したいです。
きっと、そのうち、日本のどこかをふらっと訪れるなまけたろうに
出会うこともあるかもしれない、と淡い期待を抱いて…。

そらのくもさま

あらやだ、そらのくもさんじゃないですか。
なまけたろう、旅に出ないとですねー。
出会うことはありますよ! オランダか日本か、あるいは他の国かわからないけど。会いましょう! 是非!

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/612-6f8aa2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。