In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑考

雑記もしくは日記
  • comment0
  • trackback0
ロッテルダムでは25日から
IFFR(International Film Festival Rotterdam)が始まっています。
私も明後日からいよいよ参戦。
私の一本目は『HUGO』。
前評判がいいですし、
スコセッシの映画は久しぶりなのですごい楽しみです。:)

さて本題。

完全独り言なのでTwitterに書こうと思ったのですが、
長くなりそうだったのでこちらに。

ふと思ったのです。
なんかうまく話せない人がいると。
嫌いとか緊張するとかではなく、
単にうまく話せない。
その人と話していると、
なんか自分が思ってもいないことを口にしてしまう。
で、たまにそれがネガティブなことだったりすると
一人になった時なんかに激しく自己嫌悪に陥ってしまう。

どうしてかなー? と考えてみて推測するには、
恐らく
私が期待する方向に話が向かわないんだけど、
口が滑ると言うか、
激しく否定するのはどうかな、
という感じなんだと思われます。
この感じ、
心理学者の人に解説してほしい。
別に否定してもいいんじゃないかと落ち着いて考えると思うのですが、
なんかうまくいかない。
で、後悔するのは、
やはりネガティブな話が多いからだろうな、
と。

思ってもいない事を口にするのはどういうことであれ気持ち悪いので、
今後は気をつけたい。
それとも彼女は何か人知の及ばない力を持っているのかもしれない。
ま、いずれにせよ自己鍛錬がきちんとできるまでは
ちょっと距離を置いた方がいいのかも、
と思い始めました。

歳をとってきてから
人と距離を置くのに抵抗がなくなってきたように思います。
誤解がないように書くと、
いろんな人と仲良くはなりたいし基本誰でもウェルカムなのですが、
今まで嫌われまいと気を遣いすぎて変な気苦労を抱えていたので
そういうのは止めにしようと思い始めたのです。
合わないものは合わない。
しょうがないです。
実践できているかどうかはさておき、
こう考えられるようになったのは
歳をとって良かったと思える数少ないことの一つかも。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。