FC2ブログ

In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜なのにコラム書いちゃったよ

コラム
  • comment0
  • trackback0
さっき、
無自覚でわかりにくいこと
という田口ランディさんのブログ記事をリツイートしました。
反原発を声高に叫ぶことに何故抵抗感があるのか、
がテーマ。
実は私も抵抗感がある一人。
理由はランディさんとは異なるけれど、
まあこの時期そういう人もいるんだ、
ということで。

私の場合はランディさんのようなイデオロギー的な問題ではなく、
もっと個人的な考え方の問題で、
ただ単に
安易に結論を出したくない
というだけです。

私は昔から魔女狩りのようなことが嫌いなんですね。
こういう表現をするとすごく反発をくらいそうなんですが、
誤解を恐れずに書くと。

私は
多くの人が盲目的にある一つのことを支持する、
という現象に恐怖を覚えるのです。
それにスケープゴートが伴っている時は特に。
人は集団催眠にかかり易いですからね。
特に日本人はそうなんじゃないでしょうか。
ある人が「こうあるべきだ!」と言うとそうであるべきだと思ってしまう。
そしてそれを自分の考えだと信じてしまう。
私は自分がその中に陥ってしまうのが嫌だし、
それによって非難される人・物が必要以上に否定されてしまうのは宜しくない、
だから声を挙げる前に「ちょっと待てよ」と一呼吸置くのは大切なんじゃない?
と考えるわけです。

その時は正しく見えても、
時間が経ってみると「あれ?」ということが
人は往々にしてあるじゃないですか。
ありませんか?
私はよくあります。
だから極力その誤りを犯すまいとしています。

これはあれだな、
集団思想という点に置いては
震災直後の皆頑張ろうムードと同じような感じなんですが、
スケープゴートがあるという点でもっとネガティブ且つシリアスです。

まあ私が声高に反原発を唱えないのは、
ただ単に私の知識不足もあるのですがね。
否定するほど知らない、
という。

最後に、
ここで被害に遭われた方を持ち出すのは筋違いですよ、
とだけ書かせて下さい。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。