FC2ブログ

In The Cage

ARTICLE PAGE

【映画】 Norwegian Wood ノルウェイの森

本とか映画とかアートとか
  • comment0
  • trackback0
norwegianwood.jpg

私ってこんなにこの作品に思い入れあったのか、
と自分でも驚くのですが
オランダプレミア初日の21時からの回に行って参りました。
明日仕事ありますよ、もちろん。
でも値段を調べたら今日だけ4ユーロだったし。
通常は8ユーロです。
日本に比べたらそれでも安いですが。

ま、こんなもんじゃないでしょうか。
映画と原作は切り離して観賞すべき、
と言うのはセオリーですが、
やはり何度も読み返し村上春樹の中で一番ではないものの
それなりに大切な作品だったので
切り離して観ることはできませんでした。
で、ま、いくつか思うところはありはしますが、
私はそれでも頑張ったと思います。
評価します。
でも、やはり二時間でいい感じのテンポで収めるのは難しい、
と思わせる序盤でした。

最初に原作を読んだのが高校生の時だったので
当然ワタナベ君も直子も緑も年上で、
ましてやレイコさんなんておばさんなイメージで、
え? ワタナベ君、しちゃうの? な感じだったのですが、
年月を経て見るとそうかこんなものですよね。

配役はそのレイコさんを含め大体イメージ通りでした。
ただ、
菊地凛子が、
私的にはちょっと違いましたね。
演技は素晴らしいですがそしてその演技でかなりカバーしていましたが、
私的はもうちょっと面長で日本チックな外観の人が良かったです。
思いつきませんが。
水川あさみとか?
あと細野さんを発見した後幸宏さんが出てきた時には
ふざけてんのかと思いました。
ああいうカメオ出演は多いと興ざめなので
糸井重里、細野さんで止めるべきだったのではと。
あとちょっと全体的に舞台がおしゃれ過ぎな感が。

オランダでの反応は。
私以外観客が誰もいなかったりして。
と思いながら行きましたがそこそこ入っていました。
ざっと見た感じ日本人は私だけ。
みんな村上春樹を知っているのでしょうかね。
私と同列にいた二三人のようにちょっと退屈そうな人もいる中、
全体的には(意外にも)概ね妥当なリアクションをしていました。
オランダで日本映画を見ると
意味不明なところで笑いが起きたりして
「ま、オランダ人にはわからんよ」
と内心罵倒することも多いのですがそれもなく。
さすがに平日9時からの回を観に来るだけあって
やはり原作が好きな人が多かったのでしょうか。
映画終了後高評価の場合沸き起こる拍手がなかったので
イマイチだったのかなーと思いきや
エンドクレジットになっても座り続けている人も結構多く、
それなりに評価しているのかも? という印象も。
ふむ。

ちょっと本を読み返したいけれど
(まだ)ダンボールの中で出すのが面倒なので諦めます。

えーと、
で、
総括としては、
私は好きです。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply