In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 Sherlock Holmes ~シャーロック・ホームズ

本とか映画とかアートとか
  • comment0
  • trackback0


ホームズと言えばジェレミー・ブレッド。
という確固とした意見(好み)を持っている私としては、
微妙なホームズ映画化。
ジュード・ロウが出演していると聞き
彼なら雰囲気出るかなーと思っていたら、
ワトソン博士じゃないですか。
肝心のホームズはロバート・ダウニー・Jr。
ロバート・ダウニー・Jrも立派なおじさんになったものですね。
昔はドラッグ漬けの若者だったのに。
と、しみじみしてしまいますが。

原作はドイルではなくてコミックだとかで、
キャラが全然違います。
アイリーン・アドラーなんて何故ロンドンにいるの? って感じで、
名前が同じだけでもう全く違う世界ですね。
多分パラレルワールドのホームズなのでしょう。
そう思わないことには
ドイルのホームズファンとしてはやっていられません。

と開き直れば、
面白うございます。
設定的にはオリジナルよりありがちなキャラ構成になっている気がしますが
(ある種天才だけどめちゃくちゃな主人公、
 理解があってしっかりしているパートナー、
 敵か味方か分からないけど最後は味方になるヒロイン、など。
 アイリーンはまるで質のいい峰不二子ですね。)
犬が可愛いから許します。
オリジナルはホームズ以外はまるでバカっぽい扱いですが、
こちらはワトソンもレストレードもしっかりしていて
寧ろリアルなのかも。

監督のガイ・リッチーは『スナッチ』の監督なんですね。
ロバート・ダウニー・Jrは若い頃から演技力はありましたし、
ジュード・ロウも良い俳優さんだし
(蛇足ですが
 私のR・ダニール・オリヴォー(『鋼鉄都市』『我はロボット』)の
 イメージはジュード・ロウです。
 もちろん『A.I.』の影響)、
まあ良い映画になりそうな顔ぶれではあります。

でもなー、
やっぱりホームズ好きとしてはなー、
うーん、
ま、別物ですよね、別物。

Sherlock Holmes オフィシャルサイト
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。