In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリンジャー逝く

雑記もしくは日記
  • comment2
  • trackback0
jerome_david_salinger02.jpg

サリンジャーが亡くなったそうですね。
91歳。
大往生ではないでしょうか。
サリンジャーはある時から自身の写真を公表しなくなったため
巷に溢れているのは若い頃の写真ばかりですね。

私はそんなに愛好しているわけではないのですが、
同居人が割と好きなので
我が家には彼の作品(のうち日本語訳されているもの)が結構揃っております。
代表作である『ライ麦~』は英語版も含めなんだかんだと三冊はあります。
四冊か?
それから村上春樹が訳した関係で解説/分析本も少し
(春樹訳は持っていませんが。タイトルが好きじゃないので)。
個人的にはやはり
『フラニーとゾーイー』、
『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』
『バナナフィッシュにうってつけの日』(『ナインストーリーズ』)
などのグラース家の物語が好きです。
グラース家系についてはもっと書いて欲しかった。

なんと言いますか、
やはりああいったイノセントさを描いた作品と言うのは
若い頃一度は通るものではないでしょうかね。
そして誰も分かってくれない(自分だけがわかる)と世をすねてみるのです。

晩年は人前に出ることも執筆もしなくなり、
彼が活動をやめた後に生まれ育った世代としては
既に過去の人の感もあるサリンジャーですが、
そうですか、
亡くなりましたか。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

米作家サリンジャー氏死去=「ライ麦畑でつかまえて」 - 時事ドットコム
スポンサーサイト

Comments - 2

ツタンとかドンパッチとか  

私も今日ニュースで知りました。
亡くなったことで、大量にあると言われる未出版原稿がどうなるのかが気になります。
やはりグラース家については、もう少しなんとかしてくれないとモヤモヤしますし。

2010/01/29 (Fri) 12:56 | EDIT | REPLY |   
ひじり  

未出版原稿が大量にあるんですか。
やはり作家というものは
書かずにはいられないものなでしょうか。
非公表が故人の意思だとしたら
従ってあげるべきだとは思うのですけど、
やはり、気になりますねえ…。

2010/01/29 (Fri) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。