2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 ねじ式
Share/Bookmark


ねじ式 [DVD]ねじ式 [DVD]
(2003/03/28)
浅野忠信、藤谷美紀

商品詳細を見る


ロッテルダムでは国際映画祭が開催されていますが、
私は何を観るか未定です。
去年同様ボランティアをしたかったのだけど、
忙しくて断念しました。

えーと、とりあえずオランダ語の小テストが終わったので
映画でもゆっくり観るか、
と、ロッテルダム国際映画祭とは全く関係なく『ねじ式』を。
ま、全く勉強していなかったのでテスト前もテスト後も関係ないのですが、
気分の問題でしょうか。

『ねじ式』は言わずと知れたつげ義春の代表作。
10年以上前に映画化されていたのか…。
かなりアレンジされていますが、
ま、ダークでエロティックでシュールな世界感は出ていましたか。
殆どのつげファンは不安とともに観ると思うのですが、
まあ思ったよりは良かった、
というのが私の感想です。
他の人はどうなんだろう。

原作に忠実にしようとすると難しいと思うので、
かえってこの位変えちゃって正解なのかもしれない。
でも、なんかちぐはぐな感じも拭えない。
ラストは『ねじ式』に忠実だけれど、
あまり必然性を感じないなあ。
『ねじ式』を撮りたかったんだろうから
まあそれはそれでいいんだろうけれど。
オープニングとエンディングが今ひとつ意味不明なんですけど、
強烈さとエロさと意味不明さが雰囲気出ていていいのかもしれない。
多分。

「かもしれない」ばっかりですね。
スポンサーサイト

コメント/comment

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/533-2d9184d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。