2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 誰も知らない
Share/Bookmark


nobodyknows.jpg

映画は作られた作品だけで語られるべき、
とは思うのですが
現実の事件を知りたくなるのが人情と言うものでしょう。
詳しくは書きませんが、
この現代の日本で現実にこういう事件が起こりえると考えると、
気持ちが暗くなってしまいます。
(興味のある方は「巣鴨子供置き去り事件」で検索してみてください。)

映画なので恐らく実際よりよく描いているとは思うのですが、
まあ長男が偉すぎです。
現実では長男が友人と三女を虐待の結果死なせちゃったたらしいですが、
この状況では責められませんよね…
(しかし私は一番刑が軽く済んだという主犯っぽい少年は責めたい)。

しかしこの長男を見て考えるのは、
こんなできた子供が育つのは、
それでもやはり母親の教育の賜物なのか、
あるいは環境に馴染んだ結果なのか
ということです。

と映画と関係のないことを
あまりくどくど書いてもなんなので適当に切り上げて、。

映画はとても良かったです。
全体として、
他に無関心な(大)人批判があったと思います。
とても「日本」な感じがします。
他の国では起こりえないということでもないんですけど。
YOUもぴったり。
柳楽優弥もさすが絶賛されただけあって素晴らしいですね。
その後の活躍はどうなんでしょう。

しかし、
辛すぎますね。
ちょっと気分がローです。
スポンサーサイト

コメント/comment

この映画、だんなも見に行きましたよ。同僚(もちろんオランダ人)に良かったよ、と勧められたそうで…。私もいこうか、と誘われたけど、断っちゃいました。だって、、、もう暗くどっぷり落ち込んじゃうのがみえみえで~。最近、私のモットーは映画は楽しく幸せなものだけ…になっちゃってます。

sora さま

でも現実に起こった事件をさておけば、
映画では子供達は幸福そうでした。
もちろん辛いこともたくさんで悲しい事故も起こるんだけれど、
それでもなんとなく
彼らは彼らの世界で幸せに暮らしている感じなのです。
まあもちろん社会は放っておくはずがないので、
終りは見えるんですけどね…
(映画ではそこまで描かれていない)。

でも、楽しく幸せなものだけ、
というのは私もわかります(特に冬は危険!)。
私は本が顕著かな…。
最近軽いものばっかりで。

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/48-33d43503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。