In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサリの観察

雑記もしくは日記
  • comment2
  • trackback0
asari.jpg

昨日友人に付き合って某有名お魚屋さんに行き、
おもわずホタテの刺身とアサリを衝動買いしてしまいました。
ホタテは昨日夕食として頂き、
アサリは本日酒蒸しになる予定。

最近無気力なので昨日は帰宅後
冷蔵庫にそのまま放り込んでしまったアサリなのですが、
そう言えば砂抜きをせねば、
と思い立ち今朝から塩水に浸してみました。
しかし時間が経っても一匹(?)が舌を出す以外は皆さん沈黙。
もしや死んでいる? と心配しながら塩を追加みると、
!!! 突然動き出すではありませんか!
塩濃度が薄かったのね。
確かに海水は結構塩辛いですもんね。

ぷしゅうー、とか しゅわしゅわ…、とか言い出したかと思えば
コト…コト…、と静かに動き出すアサリ達。
反応が予想より遥かに敏感だったので思わず観察してしまいました。
アサリにも個性があり、
活発なのやら静かなのやらいます。
ぷしゅぷしゅ言うだけだったり
口を薄く開くだけだったりの個体がいる中、
活発な個体は舌を延ばして移動しようとしてみたり、
近くを触って様子を見ているように見えます。
このうぬうぬ動く部分を食べるのか、
と思うと正直ちょっと気持ち悪いような気もしました。
全く無反応なのはやはり死んでいるのかしら。

このまま飼い続けたい欲求にも駆られましたが、
1kg 16.80ユーロとやや道楽にはお高い皆様なので、
やはり予定通り本日酒蒸しとお味噌汁となって頂くことにします。
スポンサーサイト

Comments - 2

ぼあそるち  

アサリの砂抜きは3%の塩水でするのがいいそうです。
これ、けっこうしょっぱいです。
前に夫の上司を家にお招きした時、調理前のアサリをキッチンに置いておいたら、
アサリたちの不審な音に「なっ、なにっ?」と驚いていらっしゃったのを思い出しました。
アサリがキューキュー言ってる音は「お~生きてる生きてる」とうれしくなりますね。

2009/03/11 (Wed) 21:01 | EDIT | REPLY |   
ひじり  
ぼあそるち さま

潮抜きを忘れて酒蒸しがしょっぱくなってしまいました…。
痛恨の失敗。
お味噌汁の方はその経験を踏まえて作ったので大丈夫でしたが。
3%の塩水はアサリにはいいけど
人間にはキツいですね。

> アサリがキューキュー言ってる音は「お~生きてる生きてる」とうれしくなりますね。

ねえー。なんか不思議なんだよねえー。
動物なんだなーと。

2009/03/12 (Thu) 07:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。