2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 アキレスと亀 ~ロッテルダム国際映画祭3
Share/Bookmark


achillesandtortoise.jpg

★★★★☆

言わずと知れた北野武監督の新作です。
これはお仕事ではなくてわざわざ観に行ったもの。

武監督の作品は、
実は観るのが初めてです。
なんだかバイオレンス系が多くて
観る気がしなかったんですね。
しかしまあこれは違うようなので観てみました。

ブラックな笑いがそこかしこにあり、
それがオランダ人受けしているようでした。
最後にはほろりとなり(心ならずも涙した私です)、
なかなかうまいなあと感じさせられました。

大きな声では言えませんが、
たけしの作品って本当はどうなんだろう?
と、実は私は懐疑的だったんですね。
海外では評価が高いと言えば聞こえがいいですが、
国内ではさほど客が入らないと言うし、
実際よりも話題が先行してしまっているのではないかと。
でも少なくともこの映画に関しては、
良い映画だと思います。
主人公マチスや奥さんを始めとする
登場人物のキャラクターがとても良いです。

ただ、絶賛はしません。
残念ながら昨日は評価の紙を受け取り損ねたのですが、
つけるなら5段階評価の4です。
何故なら、
冷静に考えるとまあありがちなラストだったのと(それが泣けるのは事実ですが)、
電撃ネットワークが出てきたりとちょっと卑怯なんじゃ? 的な笑いがあったから。
そして一番大きい理由は、
タイトルと冒頭のアニメーションの意味が分からないからです。
ええ、
タイトルの意味が未だもって分かりません。

それでも観客は楽しんだようで、
映画が終わってからは拍手がおきました。
武監督はベネチアにしか行かないという噂が一部には流布しているようで
残念ながらロッテには来ませんでしたが、
もし来ていたらこの拍手を快く感じたことでしょう。
スポンサーサイト

コメント/comment

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/354-e944e336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。