2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パフォーマンス】 While we were holding it together - Ivana Müller
Share/Bookmark


IvanaMuller.jpg

「I imagine ...」で
語られる彼らはツアー中のロックスターであったり
スイスへ搬送されるオブジェ(?というか美術館の展示品)であったりします。
ユーモアを含めた言葉の面白さもありますが、
多分それは彼らにとっては“おまけ”のようなもので
観客に様々なことを想像させる
というところにこの試みはあったと思います。

パフォーマンスという表現が何を目的としているのか、
そこに何を意図しようとしているのか、
あるいは
それは全ての人に開かれているのかどうかさえ
門外漢な私にははっきりとはわからないのが正直なところですが
(なので上に書いたことも当たっているかどうかはわかりません)、
しかしそれでも
私は興味深く観賞しました。
観るという行為は受動的ですが、
観客に様々な(あるいは何か)を想像させるというパフォーマンスは、
ある意味インタラクティブと言えると思います。
パフォーマンスというのはもう少し知りたい分野ですね。

スポンサーサイト

コメント/comment

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/32-9dcabb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。