2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件発生・・・。
Share/Bookmark


本当に。

昨日は同居人の帰りがやたらに遅く(いつも遅いのだけど)、
先に寝ることにしました。
しかし0:30、
電話が鳴り起こされました。
0:00以降は寝ているので電話(帰るコール)はしないように
と伝えているのに、全く・・・、
と思って受話器を取ると。
「車上荒らしにあって鞄を取られた」

えええええ???
私は驚いた時こういう声を出すんだなー、
といやに冷静に考えてから話を詳しく聞くと。

夕べはロッテの隣の町のコンサートホールでイベントがあり、
同居人および同居人の同僚はそれぞれ駐車場に車を止めていたんだそうです。
その駐車場は広く煌々と明かりが灯っていたので、
ちょっと油断して鞄をトランクに入れ(注:表からは見えない)、
会場へ。
そしてイベントが終り駐車場に行ってみると、
車の後側のガラスが壊され、
中に入っていた鞄が“二つ”、
消えていた・・・。

まず、
基本的にこちらでは車に鞄(あるいは貴重品があるように見えるもの)を置きっぱなし、
というのはあり得ません。
やはり日本に比べると治安は悪いのです。
どうしても必要な時は、
外からは見えないように隠します。
そして物が隠れるように、
こちらの車のトランクには漏れなくカバーがついています。
しかし。
見えないからと言って安心はできない。
なので貴重品はやはり置かない方がベター。
場所(の治安)にも寄りますけど。
今回はまあ隠していてやられたパターンで、
確かにちょっと不用心だったかもしれませんが、
運が悪いのもある、と思います。

被害者は同居人だけではなく
イベントのためにアントワープから来ていた同居人の同僚(ベルギー人)もだそうで、
出張先で車上荒らしとは気の毒な限りです。
どうやらステーション・ワゴンが狙われたよう。

車は大部分が保険でカバーされると思うのですが
(いくらか払わなくちゃいけないかも。溜息)、
同居人の被害は、

・パスポート(しょっちゅう出張に出かけるので持ち歩いている)
・会社のクレジット・カード
・日本の銀行のインターネット・バンキングのカード
・サムソナイトの鞄(高かった。実はこれが一番痛いかも)
・会社の書類
・私の革の鞄(同居人がCD入れに使用中だった)
・CD、自作CDも含めて何十枚か(私のCDも入っていると思われる)

といったところです。
カード類は速攻連絡したので多分大丈夫。
財布は持ち歩いていたので現金の被害はなし。
あともしかしたら保険証が入っていたかもしれないらしい。

昨夜はとりあえず現場でガラスを覆う応急処置をしてもらい
(オランダでも夜中に働いてくれる人が存在するらしい。
 奇蹟のようだ)、
帰ってきたのは3:00過ぎ。
当然私もカードの連絡先を調べたりなんやらで、
結局寝たのは3:30過ぎだったような気がします。
それでも6:00に起きてお弁当を作った私は偉い。
そして今日はボランティアの日で、
ミーティングと某同僚の送別会ランチがあったので休むわけにもいかず
いつも通りに9:00に出発。
同居人も普通に出勤(7:30)し、
警察に行き、
その後仕事をしているようです。

余談ですけど。
私は今日は送別会ランチのためにチャーハンを作って持っていったのです。
こんな眠い朝だったのに。
でも本当はちらし寿司の予定だったんですけど
気力がなくチャーハンに急遽変更したのでした。
でも完売しました。
良かった。
「チャーハンの素」を使った激手抜きでしたけど。

そして今、
猛烈に眠いです。
ブログエントリしてますが。
帰り道事故らなくて良かった・・・。
スポンサーサイト

コメント/comment

ご無沙汰してます。
久し振りに覗きに来たらビックリです!
大変でしたね。
以前(もう何年前かも忘れてしまいました)我が家に泥棒が入りましたがいくら警戒していてもやられる時はやられるんですよね。 命だけは取られぬ様、気を付けなくっちゃね。
心身ともにゆっくりお休みください!

結局「命の方が大事だから」と思うと、
意外と冷静でいられますよね。
まあ車を直すのとパスポートの再申請は面倒だと思うんですけど。
しかし本当に警戒していてもやられる時はやられるんですよね。
そうは言っても用心するに越したことはないのですが・・・。

思わぬアクシデント、大変でしたね。
私も泥棒に遭ったことはないにしても
過去3度財布を落として、全て返ってこなかったので
こういうときの後処理の面倒さと落ち込み、お察しするところです。
でも、命の危険がなかったのは本当に良かったです。

tut-an さま

お見舞いありがとうございます。

いろいろと便利な世の中なんですけど、
物を取られて終りじゃないところが、
面倒ですよね・・・。
この後処理どうしてくれる、
と言いたい・・・。

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/312-60418943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。