2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

日本へのユニカの持っていき方(6) ~検査結果
Share/Bookmark


unica_20081021.jpg

~前回までのあらすじ~
悪者1は最後の力を振り絞って驚愕の事実をカーライルに告げた。
先の事故で死んだと思われていた保安庁Xは、
実はアルセーヌ・ルパンの変装だった・・・。
(『813』ですね)

今日はユニカの検査結果を受け取りに獣医さんに行ってきました。
友人は結果は自宅に送付されたそうですので、
獣医さんによってこの辺りは違いそうですね。

結果が来たよー、大丈夫だったよー。
と連絡を受けたのは先週の半ば。
「いつでもいいから取りに来てね。」
と言われたのでその週の金曜に行ったところ、
「先生がいないから今は無理ー。
 出直してくれる?」
と受付の人に言われる。
オイ。
と突っ込みたいところをぐっと堪え、
こちらもいろいろ押し付ける。
「じゃあパスポート(ユニカの)とこの書類を置いていくから
 先生に書いてもらって下さい」
獣医さんに書いてもらわなければならない書類がいくつかあるのです。
「輸出国政府機関発行証明書」って書いてあるけど
これって固有名詞じゃないですよね・・・。
とにかく血の検査結果を証明する書類とか、いろいろです(←よくわかっていない)。
こういうの↓

form_C.jpg

これは指定外地域(イギリスなど一部を除く全ての地域)から
輸入する場合の書類Cの一部。
書類はAとCがあります。
何故“B”が抜ける?(Bは指定地域用の書類らしい)
それから輸入40日前に提出する書類(「届出書」)もあります。
あと「輸入検査申請書」っていうのもあるぞ。
これで全部? 本当?

話を元に戻し、
火曜日なら準備できているから、
という連絡を改めて受け、
火曜日の本日、
お絵かき終了後、
(ジムをさぼって)獣医さんへ。

検査結果は「絶対失くすな」と念を押される。
「再発行はしないから失くしたらもう一度検査よ」
だそうです。
結果の書類には数字が書いてありますが、
素人の私には意味不明。

書類は一応埋めるところは埋めてもらったものの、
書類Cは出発48時間前に(多分何かを調べて)記入するものらしいので
出発が決まったら連絡しろというお話。
書類Aは自分で記入。

いや確かに48時間前って書いているのですが、
48時間前?
政府のスタンプを押さなきゃいけないんじゃないの?
間に合うの?
と不安になる私。
いずれにせよ、
11月には毎年恒例の健康診断を受けるので
それが終わってからじゃないと書けないこともあるんだそう。
(余談ですが、
 ユニカは毎年健康診断を受けていますが
 人間はオランダに来てからまだ一度しか健康診断を受けていません。)
ふむむ。

そして私は気付いてしまいました。
ユニカは2003年生まれなんですね(2003.04.02生まれ)。
これは血統書に記載してあるので正しいはずなんです。
しかし病院には2002年で何故か登録されているのです。
恐らく最初の登録時の間違いだと思います(登録したのは私じゃなくて前のオーナー)。
私はずっと気がついていたのですが、
まあいいや。
と思って放置しておりました。
それが今、この手続きにも影響が。
血液検査の書類を見るとやはり2002年生まれに・・・(まあいいや)。

こうしてユニカは一歳年上の猫として日本で登録されることになるのでしょう。
(まあ私もロッテルダム市役所には
 日本に存在しない県の出身で登録されてますけどね)

必要書類については時間ができたら
もう一度ゆっくり見直そう・・・。

日本へのユニカの持っていき方(1) ~必要準備期間
日本へのユニカの持っていき方(2) ~手順
日本へのユニカの持っていき方(3) ~そして第一段階
日本へのユニカの持っていき方(4) ~・・・あら?
日本へのユニカの持っていき方(5) ~毛刈り編
日本へのユニカの持っていき方(6) ~検査結果
スポンサーサイト

コメント/comment

いい結果でよかったですね。獣医さんも言っている通り、オリジナルは最重要書類のひとつなので紛失しないように注意しましょう。
出国48時間以内の最終作業ですが、出国1週間前でも大丈夫でしたヨ。政府のスタンプをおしてくれるRVV(農林水産省管轄の検疫所)というところは、週3日のみ、しかも午後しか予約をうけていないし、私たちの出発は月曜日だったので、48時間以内なんて物理的に無理でした。ちなみに私たちはアムスのRVVでしたが、ロッテルダムにもRVVがあったと記憶しているので、受付時間や住所などの詳細は獣医さんに聞いてみてください。

まだ気の早い話ですが、帰国する40日前迄(要確認)に成田検疫所にペットの入国願みたいな書類を提出します。インターネット上で手続きができます。この申請ですが、記入項目が多かったのでうんざりしました。

egeltje さま

本当に良かったですよー。
大丈夫と思ってはいましたけど、
もしこれでダメってことになったら春には完全に間に合わないですからねえ。

一週間前でも大丈夫なんですか!!!
それは良かった。
やっぱり48時間前って無理がありますよねー。
しかも週三日営業って。
でも自分で行かないといけないのか…、うう…。

40日前の書類提出は、はい、大丈夫です。
ネットで手続きができるのが本当に嬉しい。
でもこれは飛行機を取ってからじゃないとダメですよね。
その辺が若干不安・・・(同居人が「ものすごく」気が利かない人間なので)。

帰国日だけ決まっていて、飛行機はどれにするかわからない状態でも申請できると思います。というのは、申請変更は出発の3日くらい前まできくからです。申請時に仮の便名を使っても問題ないと思います。私たちはオランダへ出発する1週間くらい前に、便名と到着時間が変更になったため申請変更を出しました。

egeltje さま

ああ、そうなんですね。
やはり多少の融通は利いてもらわないと困りますよね~。
少し安心・・・。
徐々に何とかなるような気がしてきました(笑。
残る問題は本人(ユニカ)の移動か・・・。

コメントの投稿/post a comment


ひじり以外には隠す/hide from others

トラックバック

http://danslecamp.blog122.fc2.com/tb.php/265-c320a9d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索