In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうきたか

雑記もしくは日記
  • comment0
  • trackback0
風邪をぶり返しボランティアを早く切り上げてきたのに
(最近ヒマなので集二日働いている)
ブログを更新しているひじりです。
ちょっと書きたかったもので。

先日、「妙~にリアルな恐竜のロボットの映像」という見出しで下の動画を見ました。


Extinct, my ASS! from The Original Joe Fisher on Vimeo.

コードが見えないのでコンピュータ制御だろうか、
子供に壊されたらどうするんだろ、
とか思っていました。
すると今日、同じ動画を別のサイトで発見。
タイトルは「ロスの博物館に現れた迫真のディノザウルス」。
“迫真の”というところがポイントです。
そして添えられていた文章は、

驚くことにコンピュータの仕掛けは一切なし! 100%「リアル」です。えっと…まあ…本物のディノザウルスじゃあありませんけどね、もちろん。本物だったら子供達が食べられちゃってます。ビデオをよーく見たよい子にはどんな仕組みかわかりますよ。

あら?
ロボットじゃないの?
と思ってもう一度見てみると…、
仕組が判明しました。
私よい子なので。

ちょっとがっくりきたのですが、
その準備風景の動画を見ると、
これはこれで手抜きなわけではなく、
ちゃんと考えて選択された方法なんだなー、と。

準備風景はこちら。
仕組が分からなかった方もこの動画を見れば分かります。



ロスの博物館に現れた迫真のディノザウルス(動画) - Gizmodo Japan

ロボットと書いていた方のサイトは(気の毒なので)リンクを貼りません。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。