In The Cage

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Welcome back 500 !

雑記もしくは日記
  • comment0
  • trackback0
500_1957.jpg

一昨日、昨日と更新できませんでした。
今日は予定がなくなって一日中ヒマなので、
昨日同居人が出張先から持ち帰った洗濯物を見ないようにして
ずっと本を読んでいます。

先日ようやく髪を切りました。
実に四ヶ月ぶり。
日本に住んでいたら考えられない放置ぶりです。
仕上がりはともかく(こちらに住んでいると満足/妥協レベルが下がるのです)、
鬱陶しさがなくなって私的には可です。
美容院のお姉さんは相変わらず美しかったです。
あの容姿があれば人生違うだろうな、
と容姿コンプレックスが大きい私は考えていまいました。

ところで。
最近私は街で気になるものをよく見かけるようになりました。
それは車。
イタリアはフィアットのチンクエチェント(500)です。
私が一番好きな車なのですが、
残念ながら私が知った時には既に生産終了してしまいました。
はずなのですが、
最近新しそうなチンクエチェントをよく見るのです。
これは何事?
と思って調べると、
なんと去年復活していたことがわかりました。
全然知りませんでした。

もう一つの好きな車、ミニは
BMWに移ってから大きくなってどちらかと言うとスポーティな感じになってしまい、
好きには変わりありませんが、
どうも私の車としては適当な感じがしなくなり残念に思っていました。
しかしチンクエチェントはあのかわいらしさそのままでの復活!
嬉しいことこの上ありません。
よく見ると、
やはり50年前のクラシック・タイプの方が可愛いデザインですけどね。
まあこの際いいです。
次買うならやっぱりチンクエチェントだなー、と、
新規購入の予定は全くありませんが
夢想しております。

上が1957年のモデル。
やはり可愛い…。
下が2007年モデル。
写真じゃわかりづらいですが、
実物は結構可愛いですよ。

500.jpg

やはり私に限らずファンは多いですからね。
因みに、
タイトルの「Welcome back(おかえり)」は
チンクエチェント発売時のキャッチコピーです。

祝・500復活。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。