2011-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
2011-01 

|HOME|

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の独り言
Share/Bookmark


真夜中に独り言を公開するのは危険である。
と、知ってはいますが
極力後悔しないようにボソボソ呟きたいと思います。
幸か不幸かそんなに購読者はいないと思われるので
そういう意味で後悔はしないかもです。

と思ったのですが書いていたら
やはり後悔しそうな内容になってきたので止めておきます。
うむ、大人になったな、私も。

今週末、来週末とデン・ハーグのgemeente museumでお茶立ててます。
友人アーティストのワークショップのお手伝いです。
宜しくです。

読んでいないけれど母へ。
子供の頃あんなに嫌がったお茶の練習が
今オランダで役に立っております。
どうもありがとう。
スポンサーサイト

【映画】 Gattaca - ガタカ
Share/Bookmark


gattaca

NASAが選ぶ現実的な映画で一位ということで観てみました。
現実的なSFというのが大好きなので。

出演者も豪華だし面白いので映画に関してはあまり言うことはありません。
ラストはもちろん「良かったのね」なのですが、
ただ、まあ、これも一種のディストピアものなのかなあと。
valid と in valid で人を区別したり
しょっちゅうDNA検査を受けなきゃいけないなんて。
DNA操作によってある条件下のベストの子供を選択できる日が来るとしたら
(そして来そうな気がしますが)
人間なんて所詮タカが知れているから
区別したがる可能性はありますよね。
あんなに明確に線引きはしないにしろ。
実際に起こりそうなだけに気分が沈みます。

ユージンが、痛々しくて、泣けました
『A.I.』といい、ジュード・ロウはなんかこういう役が似合います。
二枚目なのに。

NASAが選んだ “ありえない” SF映画、1位は「2012」- ハリウッドチャンネル

'2012' named most 'absurd' film - totonto.sun


ガタカ [DVD]ガタカ [DVD]
(2009/06/03)
アラン・アーキン、イーサン・ホーク 他

商品詳細を見る

【映画】 Norwegian Wood ノルウェイの森
Share/Bookmark


norwegianwood.jpg

私ってこんなにこの作品に思い入れあったのか、
と自分でも驚くのですが
オランダプレミア初日の21時からの回に行って参りました。
明日仕事ありますよ、もちろん。
でも値段を調べたら今日だけ4ユーロだったし。
通常は8ユーロです。
日本に比べたらそれでも安いですが。

ま、こんなもんじゃないでしょうか。
映画と原作は切り離して観賞すべき、
と言うのはセオリーですが、
やはり何度も読み返し村上春樹の中で一番ではないものの
それなりに大切な作品だったので
切り離して観ることはできませんでした。
で、ま、いくつか思うところはありはしますが、
私はそれでも頑張ったと思います。
評価します。
でも、やはり二時間でいい感じのテンポで収めるのは難しい、
と思わせる序盤でした。

最初に原作を読んだのが高校生の時だったので
当然ワタナベ君も直子も緑も年上で、
ましてやレイコさんなんておばさんなイメージで、
え? ワタナベ君、しちゃうの? な感じだったのですが、
年月を経て見るとそうかこんなものですよね。

配役はそのレイコさんを含め大体イメージ通りでした。
ただ、
菊地凛子が、
私的にはちょっと違いましたね。
演技は素晴らしいですがそしてその演技でかなりカバーしていましたが、
私的はもうちょっと面長で日本チックな外観の人が良かったです。
思いつきませんが。
水川あさみとか?
あと細野さんを発見した後幸宏さんが出てきた時には
ふざけてんのかと思いました。
ああいうカメオ出演は多いと興ざめなので
糸井重里、細野さんで止めるべきだったのではと。
あとちょっと全体的に舞台がおしゃれ過ぎな感が。

オランダでの反応は。
私以外観客が誰もいなかったりして。
と思いながら行きましたがそこそこ入っていました。
ざっと見た感じ日本人は私だけ。
みんな村上春樹を知っているのでしょうかね。
私と同列にいた二三人のようにちょっと退屈そうな人もいる中、
全体的には(意外にも)概ね妥当なリアクションをしていました。
オランダで日本映画を見ると
意味不明なところで笑いが起きたりして
「ま、オランダ人にはわからんよ」
と内心罵倒することも多いのですがそれもなく。
さすがに平日9時からの回を観に来るだけあって
やはり原作が好きな人が多かったのでしょうか。
映画終了後高評価の場合沸き起こる拍手がなかったので
イマイチだったのかなーと思いきや
エンドクレジットになっても座り続けている人も結構多く、
それなりに評価しているのかも? という印象も。
ふむ。

ちょっと本を読み返したいけれど
(まだ)ダンボールの中で出すのが面倒なので諦めます。

えーと、
で、
総括としては、
私は好きです。

【映画】 ノルウェイの森・トレイラー
Share/Bookmark





日本は一月早かったようですが、
オランダでは今週木曜日公開です。


干支付き時計
Share/Bookmark


そう言えば。
干支付き時計の干支を変えました。
うさぎに。

今年もよろしくお願いします。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。