2010-01

2010-01 

|HOME|

サリンジャー逝く
Share/Bookmark


jerome_david_salinger02.jpg

サリンジャーが亡くなったそうですね。
91歳。
大往生ではないでしょうか。
サリンジャーはある時から自身の写真を公表しなくなったため
巷に溢れているのは若い頃の写真ばかりですね。

私はそんなに愛好しているわけではないのですが、
同居人が割と好きなので
我が家には彼の作品(のうち日本語訳されているもの)が結構揃っております。
代表作である『ライ麦~』は英語版も含めなんだかんだと三冊はあります。
四冊か?
それから村上春樹が訳した関係で解説/分析本も少し
(春樹訳は持っていませんが。タイトルが好きじゃないので)。
個人的にはやはり
『フラニーとゾーイー』、
『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』
『バナナフィッシュにうってつけの日』(『ナインストーリーズ』)
などのグラース家の物語が好きです。
グラース家系についてはもっと書いて欲しかった。

なんと言いますか、
やはりああいったイノセントさを描いた作品と言うのは
若い頃一度は通るものではないでしょうかね。
そして誰も分かってくれない(自分だけがわかる)と世をすねてみるのです。

晩年は人前に出ることも執筆もしなくなり、
彼が活動をやめた後に生まれ育った世代としては
既に過去の人の感もあるサリンジャーですが、
そうですか、
亡くなりましたか。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

米作家サリンジャー氏死去=「ライ麦畑でつかまえて」 - 時事ドットコム
スポンサーサイト

【映画】 ねじ式
Share/Bookmark


ねじ式 [DVD]ねじ式 [DVD]
(2003/03/28)
浅野忠信、藤谷美紀

商品詳細を見る


ロッテルダムでは国際映画祭が開催されていますが、
私は何を観るか未定です。
去年同様ボランティアをしたかったのだけど、
忙しくて断念しました。

えーと、とりあえずオランダ語の小テストが終わったので
映画でもゆっくり観るか、
と、ロッテルダム国際映画祭とは全く関係なく『ねじ式』を。
ま、全く勉強していなかったのでテスト前もテスト後も関係ないのですが、
気分の問題でしょうか。

『ねじ式』は言わずと知れたつげ義春の代表作。
10年以上前に映画化されていたのか…。
かなりアレンジされていますが、
ま、ダークでエロティックでシュールな世界感は出ていましたか。
殆どのつげファンは不安とともに観ると思うのですが、
まあ思ったよりは良かった、
というのが私の感想です。
他の人はどうなんだろう。

原作に忠実にしようとすると難しいと思うので、
かえってこの位変えちゃって正解なのかもしれない。
でも、なんかちぐはぐな感じも拭えない。
ラストは『ねじ式』に忠実だけれど、
あまり必然性を感じないなあ。
『ねじ式』を撮りたかったんだろうから
まあそれはそれでいいんだろうけれど。
オープニングとエンディングが今ひとつ意味不明なんですけど、
強烈さとエロさと意味不明さが雰囲気出ていていいのかもしれない。
多分。

「かもしれない」ばっかりですね。

ネット探偵
Share/Bookmark


20100122_2channerl.gif

今日は目的があって家にいるのですが、
自堕落に過ごしてしまい
しなくてはいけないことは何もしていません。
これを書いたら作業開始しよう、うん。

ネットは個人ユーザーが特に規制もなく簡単にアクセス・情報発信できるので
今ひとつモラルがありません。
もちろん何事にも利点と不利点がありますし
まあ人間なんてこんなもの、と思うのは簡単ですが、
悪意のある人間に誹謗・中傷された側にとっては確かに厄介。
なのでこんなサービスがでるのも時間の問題だったのかもしれません。

GIGAZINE で、
そういった誹謗・中傷記事の巡回・削除をするサービスが紹介されていました。
金額から見てこのサービスのターゲットは企業でしょうかね。
ただ、
サービス内容が、
納得できるものから疑問符をつけざるを得ないものまであり、
うーん、
こういうのってどうなんだろうなー。
場合によってはそういった記事を書いた個人の特定もするそう。
ちょっと怖いです。
まあでもネット探偵みたいな感じでしょうか。
匿名をいいことに書きたい放題の卑怯な人間には
こういったことが可能で一般に提供されているサービスである、
ということを知らせた方が
人間としてまっとうな道に立ち返らせそうではありますけどね。
個人特定のお値段は100万円。
ま、CM につぎ込むお金を考えると
逆 CM にそれくらい支払うのは安いものでしょう。

でもイメージアップ投稿っていうのは、
倫理的に問題あるのでは。
昔 @cosme で某化粧水のクチコミはやらせじゃないか、という話がありましたが…
(で、見てみると実際不自然な感じがした。
 以後私はなんとなくその会社の商品は選ぼうという気がしないので、
 もし本当にやらせだったら逆効果だったかも)。

やっぱりこういうサービスは必要なんですかねー。

2ちゃんねるの投稿を無理矢理削除、100万円で書き込んだ個人を特定する謎のサービス「WEBチェッカー」 - GIGAZINE

物足りない感
Share/Bookmark


2010年は痩せるぞー(タバコを止める前に戻るぞー)、
と心に誓ったので
一応いろいろ心配りをしています。
基本
食べることを我慢できなく
運動がキライという
太ることに関し実に最適な性格なので、
無理はしていません。
というか、
性格がゆるゆるなので「無理」自体が無理なのですが。

なのでしていることは、
普段の生活の中に取り込める範囲。
恐ろしくてできなかった体重の記録を取り始め(予想通り人生マックスでした…)
少しの距離なら車ではなく歩くようにしたり、
チョコレートを控えたり。
最近日本は減量流行りなのかダイエット企画の番組が多いので
意識を保つにはちょうどいいです。
止めたらまた太るようなダイエットではなくて、
長期的に続けられるように生活改善を理想としたい。

でもねえ、
なかなか「物足りない感」を克服できないのですよ。
どうも私は満腹じゃないと気が済まないようで、
少し物足りないくらいでも食べないと満足できない。
恐らく「控えなきゃ」と考えているために
余計に飢餓感が煽られているのだと思うのですよねー。
ゆっくり食べればいいんでしょうけど、
基本早食いの私はそれももどかしく。
うーむ。
食欲を抑える催眠術とかかけて欲しいです。

ハルディ・クムクム ~インドのイベントに参加してみました
Share/Bookmark


20100117_MS_6_b.jpg

本日は、
インド人の友人宅にてインドのお祝い、
ハルディ・クムクム(Haldi Kumkum)に参加してきました。
何でも結婚した女性のための、
夫婦仲がずっと仲良くなるように神に祈るお祝いなんだそうです。

はっきりと説明を聞かなかったのでちょっとあやふやなのですが(スミマセン)、
今回はマカラ・サンクラーンティ(Makar Sankranti)の日
ということで行ったそうです。
調べてみるとマカラ・サンクラーンティというお祭りそのものは
冬至のお祝いや収穫祭という記載が目立つので、
ハルディ・クムクムとマカラ・サンクラーンティは直結しないと思われます。
このページによるとハルディ・クムクムは一年に数回行われるみたいです。
後で友人に確認しておこう…。)

因みにマカラ・サンクラーンティは
本当は1月14日(マカラ(山羊座)が頭上に来る日)だそうですが、
日曜日ということで今日(17日)になったよう。

20100117_MS_2.jpg

参加者は三人のインド人女性から祝福とお菓子とプレゼントをもらいます。
何故この三人なのかは??????????? わかりません…。
お菓子を渡す時に
ヒンドゥー語で「優しく話してね(Talk to me sweetly)」と声をかけられます。
優しく(sweetly)と お菓子の甘さ(sweet)をかけているわけです。
渡された方は「Same to you.」と答えます。


20100117_MS_1.jpg

本日の男性は黒子。
カメラ係と料理運び係。
因みにカメラを持っているのは友人の旦那さんなのですが、
彼は日本に3年住んだことがあって、
日本語を話します。
スバラシイ。


20100117_MS_3.jpg

渡されたお菓子はこういう感じ。
丸いのはゴマのお菓子で美味しかったです。
ちょっとフラッシュがうざいですけど。


出された食事。
完全にインディアンでございます。
左上パクチーが乗っていてちょっと厳しかったです(パクチー嫌い)。
左下はカレー味。
右はマッシュポテトのカレー、ホット・スパイシー添え。
辛かった。

20100117_MS_4.jpg


デザートのフルーツヨーグルト。
カルダモンが入っていて不思議な味。

20100117_MS_5.jpg


ボリビア人、セルビア人、ガボン人の友人と一緒に参加したのですが
(上の写真奥の5人が友人、手前8人は友人の友人のインド人)、
良い体験でした。
額につけてもらった赤い印、貴重なので落としたくないなあ。

しかしインド人はしゃべるのが早い。
で、よく喋る。
でも皆フレンドリーでいい人達でした。

エンターテイメントとしてのリオー・スシャール
Share/Bookmark


20100116_Lio.png

お陰さまでオランダに居ても日本のテレビを楽しんでいます。
最近「おおっ」と思ったのはリオー・スシャールというエンターテイナー。
『お茶の水ハカセ』観ました?

私は基本的に懐疑論者なのですが、
まーそう自認するだけあって、
実はオカルトとか陰謀とか(これはモノによる)大好きです。
一般的に懐疑論者は、
否定派と違い大抵オカルト好きなのです
(オカルトに対する姿勢としては以下の三種類がある。
 ・ビリーバー(無条件で信じる人)
 ・否定派(理由もなく頭から否定する人)
 ・懐疑派)。
懐疑論者は本当はそういったスーパーナチュラルな何かを信じたいのです。
でも盲目的に信じるのではなく説得力のある理由で信じたいのです。
故に、胡散臭いものに対しては、
なんとなく侮辱された気分になるので逆に腹立たしく感じたりするわけです。

その点リオーは「スーパーナチュラル・パワーを持った」と謳ってはいますが
「エンターテイナー」と自称しているので純粋に楽しめます。
エンターテイメントなら無責任に「すごい!」とか「どこかにタネがあるんだよー」とか
言いながら楽しめばいいのです。
事件とか解決しようとしないところがいいですね。
こういった人が現れるとと必ず否定意見が出てきますが、
エンターテイメントならそれも盛り上がりの一つです。
実際なかなか説得力のある否定意見もありますが、はてさて。

でも『お茶の水ハカセ』で見る限りではすごいですよね。
私的にはマリック登場以来の興奮です
(マリックは、
 マジシャンというのは実は世を忍ぶ仮の姿で
 本当は超能力者なんじゃないかと思ってしまう時がある(くらいすごいと思う))。
目の前で体験してみたいです。

バスでパトロールする猫
Share/Bookmark


casper_m.jpg

久しぶりに猫のお話でも。
古い話(去年の夏)なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。

外を歩く猫というのは自分のテリトリーを持って
パトロールをするものです。
我が家のユニカのテリトリーは家の中だけですが。
イギリスのデボン在住のキャスパー君(12歳)のテリトリーはなかなか広く
(考えようによってはそれほどでもないかもしれない)、
パトロールにはバスが必須なようです。

以下ネタ元サイトから引用。

12歳の猫、キャスパーは毎日プリマスの自宅のそばにあるバス停から10:55発の3番バスに乗り込み、歴史的な造船所や海軍基地、歓楽街の中を通っていく11マイルほどの路線を回って1時間ほど過ごすのだそうです。

猫のキャスパー。「すぐ姿が見えなくなってしまう」ということでこの名前を付けられたのだそうです。

路線バスの運転手の一人、ロブ・ストーンハウスは「後部座席が好きなようで、よく丸くなって寝ています。時々他の乗客の足にじゃれついたりもしますが、それでトラブルになったことは一度もありません」と語っています。キャスパーは年老いており自分の降りるべきバス停に来ても眠っていることがあるので、起こさなければならないこともあるそうです。

飼い主である65歳のケアワーカー、スーザン・フィンデンさんは「キャスパーは毎日1時間ほど姿が見えなくなって、どこで何をしているのかさっぱり分からなかったのだけれど、ある日バスの運転手さんが、バスに乗って街を回っていると教えてくれたの。キャスパーは人間が大好きなので、バス停で待っている人達についていってしまったのかもしれないし、私もそのバス停からバスに乗ったことがあるから、それを見て何をしているのだろうと好奇心を持ったのかも知れません。」

キャスパーはこれまで推定で2万マイル以上バスに乗って旅をしたと考えられています。バス会社の広報担当者は、この無賃乗車の客に対してよく面倒を見るように会社から運転手に申し送りが行われているとコメントしています。


キャスパー君はバスが遅れても待つのでしょうか。
私がこのバスを使う用事があれば絶対この時間に合わせて乗りますね。

因みにキャスパーというのはおばけですね。
以前『キャスパー』という映画がありました。

4年間毎日同じバスに乗り込んでくる猫 - Gigazine

極寒の世界
Share/Bookmark


結局昨日は宿題をしませんでした。
でも「宿題やってません」をオランダ語で言えました。

オランダは暖冬かと思いきやクリスマス前から途端に寒くなり、
最近は最高温度0℃とか普通にあります。
今日に至っては川を歩く人々を発見。
寒いですな。
と思ってオランダ語のクラスでクラスメートから話を聞くと。
カナダ(多分トロント)はー22℃、
ウクライナはー24℃だそうですよ。
ま、+24℃(イスラエル)という場所ももちろんありますが。
日本は比較的暖かい国なんでしょうか。
そんなこともない?

ー22℃では
唾を吐くと地面に到着した時には既に凍っているそうです。
未体験な世界。
一度体験してみたい気はしますが二度は確実に嫌です。

マックの広告あれこれ
Share/Bookmark


20100111406.jpg

マックと言っても Mac ではなく McDonald's の方です。
私にはあまり縁のない方
(嫌いなわけではないのですが、
 行く機会があまりないのです)。

世界各国のマックの広告がなかなか面白いです。
上の画像は日時計になっている広告。
「M」の文字の影が今オススメの朝食メニューを指しているわけです。
すばらしい。
朝食限定なのは広告板のサイズと向きの関係でしょう。


20100111412.jpg

これはオーストラリアのバス停。


20100111416.jpg

バンクーバーの街灯らしいんですけど、
すごい大掛かりだ…。
実物を見てみたい。

ネタ元サイトには他にもたくさんありますよ。

McDonald’s Creative Advertisements - I New Idea


こんな更新をしていますが実はこれは現実逃避で、
本当はオランダ語の宿題をしなくてはいけないらしい私。
ああ面倒くさい。
もう夜11時過ぎたっていうのに。

2010年に入り
Share/Bookmark


20100110_unica.jpg

暫く更新していないので
更新しようかな、
という理由で更新。

最近本を読んでいるのでブクログの方はちょこちょこ更新しているのですが。

とりえあえず、
一週間ほど前に禁煙一周年が過ぎました。
めでたい。
ダイエットは遅々として進んでいませんが。
難しいです。
でもダイエット番組やダイエット成功者を見て励みにしています。
オランダ語もなかなか身に付きません。
他にもいろいろしたいことはあるのですが、
現実逃避に本を読む日々です。
ユニカは元気です。
ちょっと太りましたか。
相変わらず私にべったりです。
多分今現在この世の中で一番私のことを考えている生物だと思います。
彼女の人(猫)生は本当に「食う・寝る・遊ぶ」です。
この言葉にピンとこない人(世代)も結構多いんだろうなー、と
書きながら思っているんですけどね。

ひとまず近況まで。

あけましておめでとうございます
Share/Bookmark


何の感慨もなく2010年に突入いたしました。
皆様元日は如何お過ごしでしょうか。

2009年は禁煙に成功しましたので、
2010年はダイエットに挑戦したいと思います。
少なくとも禁煙前程度には。

時計の干支も虎に変更いたしました。

では本年もよろしくお願い申し上げます。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索