2009-11

2009-11 

|HOME|

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時のつぶやき
Share/Bookmark


Bigben.png

ちょっと詩的なタイトルにしてみました(そうでもないか)。

登録はしたものの
ずーーーーーっと放置していた twitter ですが、
最近RSSリーダーに feedly を使うようになってから
ついでに画面に表示させています。

で、少し前からロンドンは Big Benさんのつぶやきをフォローしているのです。
ボンボン時を告げてくれてなんだか可愛いです。
ま、今更感はありますが、
ご存じなかった方、
下からどうぞ。

Big Ben - twitter

余談ですが feedly は結構いいです。
Google リーダーを使用している人にはお勧めです。
スポンサーサイト

エラスムス大学潜入
Share/Bookmark


ちょっとした縁があって、
エラスムス大学の夜間語学教室の日本語コースのお手伝いを始めました。

昨日は初日。
エラスムスはインターナショナルな学生を歓迎しているので
(条件をクリアすれば大学費用を還元するとか)、
学生の国籍は様々。
年齢はみんなもちろん若く、
中には飛び級で大学に入ったという賢い17歳の女の子も。
みんなやはりアニメとかJポップ系から日本に興味を持ったようです。
どの子もフレンドリーでなかなか楽しゅうございました。

私が今後日本語を教え続けるかというと
かなり怪しいのですが、
先生は長年日本語を教えて続けてきた方なので、
そういう意味でもいろいろ勉強になりました。

最近若い人と会う機会が多く、
なんとなく心が洗われます。

教える方の勉強が追いついていませんが…。

ノートパソコン耐久度調査
Share/Bookmark


20091126_squaretrade.jpg

ちょっと前の記事になりますが、
SquareTrade の調査によると、
ラップトップ(ノートパソコン)の3年間で故障する割合は、
Asus、Toshiba が一番少ないんだそうです。
ほほう。
我が Apple は4位ですか。
同居人が最近買った Sony は3位。

対象機種は
Acer、Apple、Asus、Dell、Gateway、HP、Lenovo、Sony、Toshiba の1000機種。
調査台数 30000台。
事故による故障は除く。

決してこの調査が絶対ではないですし
ノートパソコンを選ぶ基準は他にもあるでしょうけれど
参考にはなるのではないでしょうかね。

因みにノートパソコンの三割は
購入後三年間でなんらかの故障がおこるそうです。
私の前のマシン(DELL)は
二年目でモニターとDVDに問題が発生しました。
モニターは一度修理しましたが、
結局四年弱でダウン。
もうちょっと保って欲しいですね。

ネタ元にはネットブックとの比較もありますよ。

壊れないラップトップはどのメーカー? - GIZUMODO JAPAN

Nearly 1 in 3 Laptops fail over 3 years - SquareTrade

ベーカーストリートの証明
Share/Bookmark


昔「ベーカーストリート」というソフトクッキーがあって大好きだったのですが、
いつの間にか消えていました。
そしてその後たくさんの人にそのクッキーの存在を尋ねましたが、
未だ覚えている人に出会っていません。
インターネットでもはっきりした情報は発見できず、
もしや私の幻覚? と自分の記憶を疑いだすところでした。
が、ようやく発見。
これがそのCMです。



発売元は明治だったのですね。
「ベイカーストリー“ト”」とわざわざ日本人っぽく発音しているのがいいですね。

それにしても 1988年ですか。
服装が実に 80年代で目頭が熱くなるくらい懐かしすぎます。
良くも悪くも我が青春時代。

シャーロック・ホームズ・コンプリート・コレクション
Share/Bookmark


Sherlockholmescompletebox.jpg

風邪が流行っているロッテルダムです。
実にたくさんの人が風邪をひき風邪気味になり、
私はそれでも元気だったのですが、
ついに、
頭痛と寒気に襲われました。
ま、大したことはないのですが、
今後いろいろ休めない用事があるので
悪化を防ぐべく今日は大事をとることに。

でもまあヒマなのでつい先日届いた
シャーロック・ホームズ・コンプリート・コレクションを手に取ってしまいました。
私は、イギリス、グラナダテレビ製作、
ジェレミー・ブレッドバージョンの『シャーロック・ホームズ』シリーズが大好きで、
ー実はほぼ全話観たことがあるのですがー
コンプリートDVDが欲しくてしょうがなかったのです。
ついでに言うと『ツイン・ピークス』のコンプリートセットも欲しいです。

DVDは amzon.co.uk から買いました。
近いので送料は差程かからないし、
今ポンドがユーロに対して安くなっているし。
しかも日本版にはない本当のコンプリートセットがあるので。
日本語版はやはり露口茂の吹き替えに味があって捨てがたいのですが、
全41話がシリーズ別に分かれているのです(全6シリーズ)。
しかしイギリスには全話が入っているセットがあったのですねえ。
(この辺興味がない人には全くどうでもいい情報だ)

どんなに大きなボックスが届くかと思いきや、
標準ハードカバー二冊分くらい。
中を見ると、
1ケースに8枚、
二枚が上下にずれて4面にセットされていました。
意味わかるかな?
とにかく合計15枚が結構ぎゅうぎゅうに詰められていたのです。
ある意味合理的ですが、
日本じゃこんな入れ方しないだろうなー、と思った次第です。
でも中身に不満はないです。
私は基本余計なボーナストラックとか要らないですし。
シンプルで目的が達せられて宜しいです。

しかしやはりジェレミー・ブレッドのホームズは素晴らしい。

モンサンミッシェルに行ってきました。 ~サンマロ編
Share/Bookmark


plan-saint-malo-intra-muros.jpg

モンサンミッシェルの後、
僕達が向かったのは海賊の街、サンマロでした。
もちろん、「元」海賊の街です。
正確に書くと私掠船、政府公認の海賊船です。
襲うのはもちろん敵国の船。

僕が何に惹きつけられたかと言うと、
城壁です。
僕は城壁が好きなのです。
サンマロの旧市街は南仏アヴィニョンのように
すっかり城壁に囲まれているのです。

こんな感じ。

20091116_2.jpg

外から。


20091116_3.jpg

中から。

城壁は上を歩くことができ、
ほとんど一周することができます。
朝にはジョガーも走っています。

20091116_1.jpg


因みにわんこは禁止。

20091116_5.jpg


泊まったホテル近くの門。

20091116_6.jpg


第二次世界大戦で街の80%は破壊されてしまったのですが、
現在は歴史に忠実に修復されています。
下の写真は残された旧い街の一角。

20091116_7.jpg


これは詩人シャトーブリアンの墓。
潮がひくと歩いて行かれますが、
僕が行った時は道は海の下でした。
時間があれば行ってみたかったです。

20091116_4.jpg


海が近いので今はシーフードが美味しい街です。
牡蠣が有名ということで、
僕は牡蠣を頂きました。

20091116_8.jpg


やや蛇足ですが、
泊まったホテルがとても良かったので一言。
設備もスタッフも素晴らしい。
このホテルも戦火を逃れた一角にあり旧いためやや建て付けが悪いのですが、
お値段を考えるとかなり質が高いことは保証します。
もしもう一度サンマロに行く機会があれば
またこのホテルに泊まりたいと思っているほどです。
名前は Hotel Elizabeth。
サンマロに行く機会があれば是非。

Reported by なまけたろう in Saint-Malo

モンサンミッシェルに行ってきました。 ~ポントルソン編
Share/Bookmark


20091115_P_3.jpg

モンサンミッシェルの観光後、
8時間かけて出かけてすぐ帰るのは悔しいので
もう一カ所まわることにしたなまけたろう一行です。
行き先はサンマロ。
バスで移動です。

予定では午後3時過ぎのバスに乗車するつもりだったのですが、
意外と早くモンサンミッシェルを見終わったので
予定を繰り上げることにしました。
昼過ぎにモンサンミッシェルから乗り換え地点のポントルソンまで移動。
あとはサンマロ行きのバスに待つだけ、のはずが。

その時午後1時半過ぎ。
午後4時半までバスがありませんでした。
…。
もともと予定していたバスでした…。

モンサンミッシェルーポントルソンまでは比較的バスの本数があるのですが、
ポントルソンーサンマロは日に二本しかなかったのです(日曜日)。
因みにポントルソンはモンサンミッシェル最寄りの駅です。

そんなわけでポントルソンで三時間過ごすことになったわけですが、
これがまた、
10分も歩けばメイン通りを知り尽くしてしまう小ささ。
そして殆どのお店が閉まりきっているポントルソンの日曜日の午後。

20091115_P_2.jpg

20091115_P_1.jpg

20091115_P_4.jpg


村を隅から隅まで歩き、市役所、教会を(外から)観光し、
二度カフェに入り、
どちらの店にも数十分後には閉店だからと追い出され
(どうやらポントルソンでは日曜午後はカフェは早々に閉まるようです)、
なんとか三時間は経過し無事サンマロ行きのバスに乗った僕達です。

Reported by なまけたろう in Pontrson

モンサンミッシェルに行ってきました。 ~ モンサンミッシェル編
Share/Bookmark


20091115_1.jpg

みなさんこんにちは。
なまけたろうです。

日本人が一番行きたい世界遺産、
聖ミカエルの山、
モン・サン・ミッシェルに行って参りました。
上写真は夜。
下は次の日の昼、というか朝、というか午前中。

20091115_9.jpg

ロッテルダムからモンサンミッシェルまでは約8時間かかります。
ロッテルダムーパリ間が Thalys で約3時間、
パリからレンヌまで TGV で2時間強、
レンヌからモンサンミッシェルまでバスで1時間強、
パリ・ノールド駅からモンパルナス駅までのちょっと長い移動込みで
なんだかんだと8時間、となっております。

夜到着した我々一行はモンサンミッシェルに一泊しました。
なんと贅沢にも二階がある部屋です。
ふふふ。

20091115_2.jpg

ホテルの人も感じが良くて可愛いホテルでした。

小さいのであまりに過剰に期待するとがっかりすると噂のモンサンミッシェルですが、
僕は好きでした。
街全体がこじんまりとしていて、
そこが可愛いのです。
ホテル近くで食べた夜ご飯は、
いかにも観光地然としていて今ひとつでしたが。

20091115_7.jpg

20091115_3.jpg


メインの修道院は立派で荘厳なのはもちろん、
意外と広く迷路のようで楽しかったです。

20091115_4.jpg

20091115_5.jpg

20091115_6.jpg


さてモンサンミッシェルは潮の満ち引きの差が大きいので有名です。
潮が引いている時はモンサンミッシェルを一周できます。
是非お試し下さい。
ただし靴は泥だらけになるので要注意です。
(最近は昔程潮は迫ってこないようなので
 もしかしたらいつも一周できるかもしれません)

20091115_8.jpg


モンサンミッシェルはパリからの日帰りツアー客がすごーく多いです。
こんなオフシーズンなのに大型ツアーバスを10台近く見ました。
日帰りツアーのバスは昼頃到着するので、
前泊して午前中に観光するとそんなに混まなくていいと思います。

Reported by なまけたろう in Mont Saint Michel

久々の明和電機 otamatone
Share/Bookmark


オタマトーン(ホワイト)オタマトーン(ホワイト)
(2009/11/01)
キューブ

商品詳細を見る


これちょっと欲しいです。
明和電機 otamatone。

昔から明和電機は好きで
日本にいた頃は携帯ストラップはミニチュア魚コードだった私です。
因みに本物の魚コードも持っていますが、
延長コードのくせに勝手にに目を光らせて電気を消費するので使用していません。
目が光らないバージョンがあったら欲しいです(今は電圧の問題もあるのですが)。

土佐社長による演奏説明をどうぞ。




因みに黒もあります。

オタマトーン(ブラック)オタマトーン(ブラック)
(2009/11/01)
キューブ

商品詳細を見る


一応言っておくと、
私は白希望です。

Chippendales... For women
Share/Bookmark


Chipps_09_gr.jpg

何を思ったのか、
友人に誘われチッペンデールショーを観に行ってきました。

チッペンデールとは。
ラスベガスのショーの一つで、
えー、
マッチョ男性のストリップショーです。
しかしちゃんとした劇場で行われるものなのでそんなにきわどいものではなく、
いやらしいと言うよりエッチな、
健全でお馬鹿なエンターテイメント・ショーです。

写真禁止の中で頑張って撮った写真は下。

chipps_o1.jpg

chipps_o2.jpg

実は私はどちらかと言うとマッチョは苦手で、
且つどうせならもっとアングラ的なショーの方が好きなので
“はまる”ことはありませんでしたが、
楽しゅうございました。
日本では観られないタイプのショーだと思うので、
新しい世界を体験できて面白かったです。

もちろん観客はほぼ、99.9%、女性です。
女性のフェロモンがムンムンです。
ホストクラブってこんな感じなのかなー、と思ってみたり。

■ Chippendales
http://www.chippendales.com/


久しぶりに更新してチッペンデールか…。

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。