2009-06

2009-06 

|HOME|

なまけたろう繁殖中
Share/Bookmark


Mac 用の Flash を買うお金がないので、
Flash の地図を諦めるべきかと
Google マップで動物園地図を作ってみています。


View Zoos and Aquariums -In The Cage- in a larger map

アイコンも作ってみたのですが、
ちょっとでかかった。
そして大量のなまけたろうがちょっと気持ち悪い。
『チャーリーのチョコレート工場』とか『すばらしき世界』みたい。

ま、まだ試作です。
おいおい(Flash が諦めきれたら)別サイトの方へ移植予定。
スポンサーサイト

デジカメ暴走
Share/Bookmark


ふと気がつくと。

消えたと思ったエジプトの写真が復活しました。
なくならないうちに、
と iPhoto へインポート。
しかしその代わり先週土曜日の分の写真が見あたらない…。
動物園の写真だったのですが。

でもまるでデジカメ内がパーテーション分けされているかのような
感じがするんですよねー。
行き来できない二層構造のように見えるのです。
誤動作には違いないのですが、
なんとなく対処法に光明が。

面倒だけど取説読むか…。

続きを読む »

【動物園】 Port Lympne Wild Animal & Safari Park
Share/Bookmark


090628_7.jpg

ドライバーさんのお人形。
ドライバーさんは昔
ロッテルダムの日本人学校のバスの運転手をしていたそうです。

さて動物園ツアー二日目です。
本日訪れる Port Lympne Wild Animal & Safari Park は
前日行った Howletts とオーナーが同じです。
つまりここはプライベートのアニマル・パークです。
しかし広さはなんと 600エイカー!(1エイカー≒約4046㎡≒約1224坪)
サファリ・パークもあるのです。
素晴らしすぎます。


090628_1.jpg

アニマル・パークの入り口です。


090628_2.jpg

人なつっこい虎さん。


090628_3.jpg

兄弟ライオン。
性格は全然違うそうです。


090628_4.jpg

絶景写真ポイント。
こんな風にここは起伏が大きく坂や階段が多いのです。
ちょっと体力がいります。


090628_truck1.jpg

このトラックでサファリ体験します。
サファリの名は「アフリカン・エクスペリエンス」。


090628_5.jpg

サファリ内、道を塞ぐキリン氏。


090628_6.jpg

お昼ご飯はチーズバーガーとカプチーノです。
でもパンがちょっと想像していたより違っていて、う~ん…。
ランチの場所はサファリの中の休憩所。
因みにロッジもあってサファリ内に泊まれもします。
一泊 175£から。

念のためこの施設の目的を書きますと、
絶滅危惧種を含む動物の保護や自然に近い環境での繁殖・飼育です。
それで動物園ではなく「アニマル・パーク」と名乗っているのだと思われます(恐らく)。
もっとも今は動物園も
希少動物の保護・繁殖に力を入れているところが多いわけですが、
Howletts 及び Port Lympne Wild Animal & Safari Park は
人間に見せることをあまり考えていないと言うか、
あくまで動物優先な感じだそうです。

なのですが中には去勢されて性格が捻くれたライオンがいました。
去勢されると男性ホルモンが分泌されないため、
たてがみも生えないんだそうです。
事情は説明されましたが、
気の毒な限りです…。

さて楽しかった動物園ツアーも終わりの時間がやってきました。
午後3時、オランダへ向け出発です。

090628_8.jpg

ドーバーの街。


090628_9.jpg

船への入り口。
船はまだ来てませんが。

そしてこれがお土産です。

090628_omiyage1.jpg

左の白い卵は鴨の卵。
色つきの卵は鶏卵です。
サイズ比較のために置きました。
左下はカエル。
棒で背中をなでるとゲロゲロと鳴き声がします。
右側はみみずくと猫型のクッキー。
素朴な味でした。

■ Port Lympne Wild Animal & Safari Park
www.totallywild.net/portlympne/



Reported by なまけたろう in Nr Hythe

【動物園】 Howletts Wild Animal Park
Share/Bookmark


090627_4.jpg

暑い車の中に置いてくとワンコが死んじゃうかもよ。

6月27日・28日の週末、
ロッテルダム動物園ブレイドロプのボランティア向けツアーに潜り込み、
なまけたろうはイギリスはケント州の動物園二つを巡るツアーに参加してきました。
行き方は陸路&水路。
バスでフランスはカレーまで走り、
そこからバスごとフェリーでイギリスに渡ります。
ケント州は一番フランスに近い州なので、
ロッテルダムから合計4~5時間と意外と近いです。


View Larger Map

090627_1.jpg

フェリー前のパスポート・コントロール。
EUパスポートを持たないなまけたろうとカメラ・パーソンは、
かーなーり、嫌がらせ(に近い質問)を受けました。
ツアーの皆さん、お待たせして申し訳ありませんでした。


090627_2.jpg

8番からフェリーに乗り込みました。


090627_3.jpg

さようなら大陸。


090627_5.jpg

そして動物園入り口。
質素です。


090627_6.jpg

ゴリラ。
このアニマル・パークは(“動物園”ではないそうです)52頭のゴリラがいます。


090627_7.jpg

人なつっこいお猿さん。


090627_8.jpg

猫(パラス・キャット?)。


090627_9.jpg

お猿さん2。


090627_10.jpg

水牛。


090627_11.jpg

うさぎ(野良)。


090627_12.jpg

お猿さん3。
お猿さんがたくさん。

驚いたのは、
このアニマル・パーク、
個人経営なんだそうです。
日本で言うとムツゴロウ王国みたいな感じでしょうか。
オーナーはカジノで儲けたと伺いました。
カジノで当てたのか経営しているのかは現在のところ不明です。
因みに中にはオーナーの週末用の豪邸があります。

■ Howletts Wild Animal Park
www.totallywild.net/howletts/


Reported by なまけたろう in Canterbury

ウォータープルーフ・パソコンに需要アリ?
Share/Bookmark


同情するべきかどうか悩むところですが…。

お風呂でパソコンを使って感電死- Gizmodo Japan

みなさん気をつけましょうね。

【アート】 アート・マニフェステーション オープニング
Share/Bookmark


090620_01.jpg

今年は出かけたのがちょっと遅かったので
なんとなく例年より静かな気がしました。

毎年恒例なのですが、
油絵の吉屋先生が契約している
デルフトの画廊 DE LINDEHOEVE の
アート・マニフェステーションに出かけて参りました。

トップ画像は駐車場のそばにいた牛。
かわいい。
けど近づくとジロリと見られてちょっと恐かったです。

090620_02.jpg

090620_15.jpg

090620_14.jpg


各アーティストの作品がたくさん展示されているわけですが、
気がついたら同じ作家の作品ばかりを撮ってました。

090620_11.jpg

じゃん。


090620_06.jpg

じゃん。


090620_07.jpg

じゃじゃん。

パターン2。

090620_03.jpg

090620_08.jpg


それからこのシリーズも好きでした。

090620_09.jpg


他はこんな感じです。

090620_19.jpg

090620_18.jpg


吉屋先生の新作は下。

090620_12.jpg

090620_17.jpg


090620_04.jpg

この犬は去年もいた気がします。

今年は不況のためか今回のマニフェステーションでの売れ行きはいまいちみたいです。
売れっ子画家の絵すら売れていないとか。
ふむ。

090620_10.jpg

日本語教室スタート
Share/Bookmark


最近人様のブログ及び日記を全然チェックしていません。
申し訳ないです。
もうちょっと余裕ができたらまとめて読みます。
と、余裕がなさそうな書き方をしてますが
『アメトーク』とかはチェックしている私です。
暇がないわけではないんですけど…。

本日から日本語クラスが始まりました。
ロッテの某合気道道場で日本語を教えてみないか、
と、お話を受けたのは数ヶ月前。
日本語を教えることは興味のある分野なので
二つ返事で引き受けました。
というより、「それ私がやりたい」と申し出たといった方が正確ですが。

これまでのプライベート・レッスンと違い、
少額ですが収入が生じるので(まあでも材料費等かかってますのでトントンです)、
多少プレッシャーを感じています。
まだ勉強の身です、などといった日本人的発言の元、
そのかわりちょっと頼りなくても許してね、
という感じでやらせていただくことに。

今日初日は
道場も私も様子見でトライアルとしてやってみました(つまり今日は無料)。
ホワイトボードのイレイザーがなかったり
机の数が充分でない
などの道場側の問題、
進行がやや早い等私側の問題を確認し、
なんとか終了。

しかしやはり困難に感じたのは言葉の問題。
生徒さんの多くはオランダ人です。
オランダ人ではない人もいますが、
彼らもまたオランダ語を日常的に話している人たちです。
しかし私はオランダ語が話せません。
では何語で説明するか、
というと、
やはり英語になるのです。
が。
これがあまりよろしくない。
彼らの中には英語が得意じゃない人もいますし、
なにより私の英語が怪しい。
プライベートレッスンも英語で説明していますが、
1対1なので多少大目に見て貰っているところがあるのが実情。
しかし対大勢となると。
加えて私は経験上知っているのです。
わからなくても日本語で意思疎通を試みないと、
進歩が困難であることを。
実際そのためにプライベートレッスンの生徒の日本語はあまり上達してませんしね…。
ということで基本日本語で進めるつもりだったのですが。

これが今日試みた限りでは難しい。
やはり質問はされるし、
質問されたら答えなくてはいけない。
そうするとやはり英語になってしまう。
それに使うテキストが基本英語ですしねー。
中身よりも入手のしやすさでテキストを選んでしまったせいもありますが。
因みにテキストは日本語勉強者の間では有名な
「Japanese For Busy People」。
私たちが使うのは Romanised version です。
本当は「元気」の方が良いテキストだと思うのですが。

ま、しかしこれからこれから。
今日の反省を糧に第二回に望みたいと思います。

今更ながら壁と卵の話
Share/Bookmark


常に卵の側にーAlways on the side of the egg』、
エルサレム賞での村上春樹のスピーチです。

えーとあれは(、と自分のブログを検索。「歳を取った村上春樹」)
2月の後半のニュースでした。
実に4ヶ月の時間が流れましたが、
ようやく、
村上氏のスピーチ、
きちんと読みました。
それに対する反応なんかも読んだりして、
その感想。
というか、
反応に対する感想。

「人は結局自分の受け取りたいように物事を解釈する」
というのは私の持論であり
尚且つなかなか事実なんじゃないかと思っていますが、
そうと思っていても、
なかなか虚しくなりますね。
スピーチに対するコメントが、
私の上記主張(?)を裏付けています。
多くの否定的なコメントを書いている人は
スピーチの理解を目的に読んだのではなくて、
アラを探すために読んだのではないでしょうか。
賛同する/しない以前に
正しい理解をしないのだからお話になりません。

とか言いながら
こういう反応をしてしまう私もまだまだですね。
フッ。

あらゆることにおいて
全員の意見が一致するなんてことはありえないでしょう。
だから対立する意見があって当たり前なんですが、
最初から否定するつもりの発言を目・耳にすると、
本当に虚しくなります。
あるいは全体を見ずに、
揚げ足をとるように
細部に拘泥し(自分の主張に都合が良い方向に)拡大解釈している様なんかを見ると。

世界平和は遠いですね。
と言うか、
世界平和なんてきっと幻想なんだと思います。
所詮人間ですから、
平和なんて身の程知らずの願望なのに違いありません。

常に卵の側に(ハアレツに寄せられたコメント)

iPhone OS 3.0 導入
Share/Bookmark


090618_iphoneos3.jpg

早速、iPod Touch に iPhone OS 3.0 を入れてみました。

iPod Touch で何が不便かって、
コピペが出来ないことだったのです。
私は音楽・動画プレイヤーとしてよりも
PDA的使い方がメインなので、
コピペ機能がないのは本当に痛いわけです。

そのコピペができるようになるというのですから、
早々に1200円を支払って、
(と言っても配布開始の17日ではなく本日18日なのですが、)
導入したくなったのも納得して頂けるでしょう。

因みに私は iTunes を
日本のストア初期設定&日本のクレジットカード決済にしているので
円払いです。

でまあコピペ機能が付加されたのは良いです。
その他私もはっきりとは把握しておりませんが
100件を超える新しい機能があり、
いろいろ地味に便利になっております。
Google とのシンクがメールにも及んで嬉しい。

しかし。
シンクがうまく機能していない気が…。
気のせいでしょうか。
シンク(同期)というのは、
私の場合
Google カレンダー・コンタクト・メールと
iPod Touch のローカルアプリとの同期です
(もっともメールはOSアップデート後ですが)。
シンクは私にとってすごく大切なのです
これがなければ意味がないくらい大切、なのです。

しばらく様子見しますが、
場合によっては元に戻すことも考えないと状態です。
できるのかわかりませんが。
…できないかも。

iPhone 3.0 OS ガイド:これだけ覚えとけば大丈夫 - Gizmode Japan

【アート】 Alice's Fusion Tea garden
Share/Bookmark


090613_room.jpg

先週末の13日と14日、
先日告知した
Toyoko Shimada による『Alice's Fusion Tea Garden』が開かれました。

来てくれた方々、どうもありがとー。
愛してるわ。


090613_before.jpg

会場ビフォー。


090613_after.jpg

会場アフター(照明演出前。完成はトップの写真)。


090613_morocco.jpg

モロッコ風のお茶会。
この方はまた別のアーティストさん。


090613_Koreant.jpg

コリアンのお茶会。
この方は素晴らしいプレゼンをされていました…。
どうやら本職は先生らしい。

因みに日本のお茶は友人と私が担当致しました。
他の国のお茶会に比べ
かーなーりクオリティの落ちる日本のお茶会でございました。


090613_rose.jpg

人工的に見えますがリアルバラです。


090613_petit.jpg

テーマの一つである『星の王子さま』の各国語版。


090613_frog.jpg

おへそのあるカエル。


090613_kingyo.jpg

吊された金魚(これは入り口の頭上にディスプレイされました)。


090613_alt.jpg

お菓子とお茶で飾られた祭壇。
お菓子は来客が食べてもいいことになっていたのですが、
中にはちょっと古いものも…。


090613_screen.jpg

水面上のスクリーン。
これを作るのはちょっと大変でした。


090613_table.jpg

テーブルです。

他にもワークショップを開きました。
カップやプレートに各国語で名前を書こう、です。

090614_plate.jpg

これは私の作品。
『星の王子さま』を韓国語、ロシア語、オランダ語、中国語、???語で書いてみました。

終了後は疲れ果てましたが
学園祭みたいで楽しかったですー。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索