2008-05 

|HOME|

スポンサーサイト
Share/Bookmark


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせっかい
Share/Bookmark


どうも私はおせっかいらしい。
と気がついたのは最近です。

おせっかいと言っても私が出来ることは限られているので、
今のところ車で誰かを送ったり(でも運転自体が好き)、
ロッテに新しく来た人に情報を伝えたり
(しかし今の私はそんなに人と知り合う場には出向かない)、
といった程度です。

でも親切心のつもりでいろいろ話すことが、
時に知ったかぶりに聞こえたり
エラソーに聞こえたりすることがあるらしいので
ちょっと気をつけています。
でも元々の話し方が断定口調でエラソーな上
(そうは聞こえないというあなた、
 それはきっとあなたが穿った見方をしないいい人なのです)、
気をつけすぎていると今度は卑屈に聞こえるので、
コントロールがなかなか難しい。
結果空回りも多々あります。

まあそれでも懲りずに機会があればおせっかいを焼くのですが、
何故かと自分で分析したところ、
純粋な親切心だけではなく、
なんだか「人の役に立っている」と思いたいようです。
いろいろ私は問題を抱えた人間だけれど、
人の役に立つこともあるのだ、
と言わば免罪符的におせっかいを焼くのです。
情けは人のためならず。
意味が違いますね。
でもまあ自分のため、という点でそうなんじゃないかと。
(と、ここで外から雄叫びが…。コワイ)

さて。
いろいろな虚しさを経て。

話は変わりますが、
「オランダニュース」に油絵の仲間募集の記事を載せて頂いたので
お礼とともにここでお知らせします。

オランダニュース サークル・お稽古事

ご協力ありがとうございました。

サイトも作りましたよ。
ちょっと手抜きですが。

吉屋敬とイル・マエストロ

今日の夕飯は午後11時過ぎでした。
暫く起きてなきゃ…。
スポンサーサイト

今何してるの?
Share/Bookmark


久しぶりにカテゴリを「コラム」にしてみます。

Twitter の後追いサービスが登場してきましたね。
ミニブログとか呼ばれているようです。
因みに私、大昔 Twitter にアカウントを作りましたが、
全然やっていません。
パスワードとか忘れているかもです。
今ひとつピンと来なかった、と言うか、来る前にやらなくなったのです。

こういったサービスが流行るのも
一つの対人苦手症候群の表れなんじゃないかと思ってみたりするのは、
穿った見方でしょうか。
どんなにリアル社交が苦手でも、
人はやはり誰かと交流したいと望むものなのかな、
なんて思ったりするわけです。
Twitter は SNS と違ってその“ゆるさ”が受けたわけですが、
つまりはそういった需要
(きっちりした付き合いが面倒、あるいは、テキトーでいいんじゃ?)が
大きいというわけで、
なんだか今の社会を象徴しているようじゃありませんか?
まあ私も人のことはあまり言えませんが…
(実は今ちょっとMMC付き合いを負担に感じている私。
 ペースダウンしたい)。
それでもそういう人達の受け皿があるのはいいことだと思います。

でも日本人の間で一般化すると、
なんだかいろいろ暗黙のルールとか出来たりして
ぎちぎち堅苦しくなったりしそうな気もするのですが、
どうなのでしょう。
mixi のコミュでも
ちょっとルール違反すると烈火のごとく怒る人がいるじゃないですか。
ルールは大切ですが、
それ以上にマナーが大切なのでは。

Twitter、誰か知っている人がやっていたら私もやるかもです。
その楽しさを経験してみたい。
今、と言うかアカウント作った時は、
Follow するにも誰を Follow すればいいのやら、
って感じだったので。
誰かやっている人いませんか?
教えて下さい。
って言うかそういうこと考える時点で間違っているんだろうな、
とは思います。


下の写真は『IDEA*IDEA』さんより。

可愛いと言えば可愛いのですが、
よく考えると危険なシチュエーションなのでは…。

neko.jpg

騙されちゃいけない。

サハラ砂漠
Share/Bookmark


昨日車を見たら全体に泥のハネがついたように汚れていて、
そんなに強い雨も降っていないのに何故?
と疑問に思っていたら。
どうもその汚れの正体はサハラ砂漠の砂塵のようです。
冗談ではなく本当に。

以下、オランダニュースより抜粋。

この粉塵は雨に混じりオランダ全土に降り注いでいる。車にこのサハラ粉塵が車などにつくかどうかは雨の強さによる。「とくに、小雨のあとには赤茶色の粉塵が車や庭の家具につきやすい。強い雨の場合には粉塵も水といっしょに流れるので車にはつきにくい。」とKNMI。

20世紀にはオランダに大規模なサハラ粉塵が降ってきたのは合計で15日間程度。小規模なものはもっと頻度が高い。たいてい、通常より気温が高いときに起きる。
粉塵は砂嵐により大気中に入る。これが風によって数1000kmも運ばれる。ときにはサハラの砂は大西洋を越えてフロリダまで届くという。

天気は気まぐれなため、いつ大気中から砂塵がなくなるかどうかはまだわからない、とKNMI。車を洗車場に持っていくのはもう少し待ったほうがいいかもしれない。

ほほう。
今車を洗ってもムダなんですね。
暫しの間放置決定。

サハラ砂漠の砂塵がオランダに - オランダニュース

そう言えば日本では中国の黄土か何かが降ってきたことがありましたね。
今もあるんでしたっけ?

外を見ると
Share/Bookmark


kikyu.jpg

本日帰宅後、
窓の外に気球を発見。
午後は9時を回ったところです。

気球アップ。

kikyu2.jpg

なんだかうまく話せなくて申し訳ないです。
と書くと自分への言葉かな?
と思う人が三人くらいいるかもしれない。
ふふふ。

同居人不在のため、
(昼に外食したので栄養はそちらで補ってもらうことにして、)
夕飯は羊羹でした。

親に頼んでいた荷物が届いたのです。
中には再び羊羹が。
規模は徐々に縮小していますが、
私の親は必ず(今のところ100%)羊羹を入れます。
羊羹はこっちでも買えるのですけども。
頼んだ物はスリッパとS&Bのカレー粉(こっちのカレー粉は辛くない)と
ちょっとした塗り薬。
しかし届いた薬は期待していたものとはちょっと違いました。
一番大切なポイントだったんですけどね。

家のことでいろいろやりたいことがあるのですが、
明日はお仕事です。
ランチにはホットドッグを作る予定。

馬も若い方がいい
Share/Bookmark


uma.jpg

今日はなし崩し的にいろいろと時間が埋まり、
昨日一気に洗濯した衣類が未だ干されています。
アイロンがけをしないといけないのですが、
本が読みたいなー…(もう10回くらい読んだ本だけど)。

人間なかなか大人にならないものですよね。
私の周りは意外に若い人ほど精神的に大人だったりします。
と思っていたらこれは社会経験の差ではないかと気付いてみたり。
若人よ、社会へ出て荒波に揉まれよ。
…。
いややっぱり究極的には個人なんですけどね。

大人になりたいなー。
実年齢の方は、
もう充分頂きました。
って感じなんですけど。

私が思う大人とは。

・自分を持っている
・見得を張らない
・寛容

あと何かな。
責任感とか?
それは別?
ちょっと考えてまた別の機会にまとめてみます。

メディアでの年齢表記についてちょっと調べようと「年齢表記」で検索したら、
すごいたくさん馬についての記事がヒットしました。
実は馬にとって年齢とは
人間にとってのそれより重要なのかもしれません。

ホタテのお刺身を求めて
Share/Bookmark


hijiri-sakana.jpg

今日は一日中洗濯をしていた気がします。
我ながらよく溜めたものです。

油絵の展覧会も無事終り、
一息ついたところです。
ロッテルダム教室ではこれから
日本への本帰国の人、産休に入る人など
メンバー激減の予感なので
新規メンバー募集に力を入れていきたいと思っております。
興味のある方、是非どうぞ。

昨日は数ヶ月前ロッテからアムスへ引越しした韓国人の友人が
旦那さんと展覧会に来てくれました。
久しぶりに会えてとても嬉しかったです。
彼女とは英語で話すのですが、
やはりね、
私は東アジア人との方が話し易いみたいです。
英語が出てくるのです。
西洋人相手ではどうも英語コンプレックスがにょきにょきと頭をもたげ
うまく話せないのですが、
韓国人の友人とは多少うまく言えなくても笑って話せると言いますか。

ところで。
最近近くにお魚屋さんが二軒できました。
一軒はオランダではよくあるタイプの
鮮魚が少なくスモークされた魚や揚げ物を多く扱っているところで
私に言わせると
「それは魚屋とは呼ばない」。
しかしもう一軒はサーモンとタラ以外の鮮魚も取り扱っていることが本日判明。
すばらしい…。
お店には醤油やわさびやスシセットが置いてあり、
日本人ひじりは歓喜しております。
本日ホタテ(生)を購入せんとしたのですが、
混んでいたので挫折した根性がない私。
次回こそは。

(ロッテ在住の方へ。
 因みにこのお魚屋さんはプリンセンランドのアーケード内ですよ)

展覧会初日
Share/Bookmark


exh_01.jpg

しつこい。
という声も聞こえてきそうなくらいくどいですが展覧会の話。

朝は家を出たのが7:30過ぎ。
帰宅は夜10:00頃。
運転は友人でしたが(感謝)、
やはりちょっと疲れました。
でも相変わらず同居人が出張中なのでブログでも更新するかー、
という感じです。

exh_02.jpg

思いの他ロッテルダムからも来訪者があり、
そして私が準備した油絵仲間募集のチラシにも少しはリアクションがあり、
ありがたく思っております。
わざわざ来てくれた方、ついでに来てくれた方、ともにどうもありがとう
(まだ明日もあるけど)。
デュッセルドルフ三越効果もあり、
午後にはそれなりにお客さんが来てくれたようです。
因みに私は三越販売所で明治屋アムス店商品のお米を購入いたしました。

上写真二枚は会場の様子。
オープンして直ぐなのでお客さんはまばら。
一枚目には私の絵が三枚写っております。
下の写真は、私の描きかけの絵。
静物(オブジェ)と描き方の説明付きで展示されております。

exh_03.jpg

明日はヒマそうですが、
まあ開催することに意義がある…、
と信じています。

余談ですが。

今朝の準備中のこと。
私はアムス教室の顔見知りの人に向かって、
「(一緒にいるこの子はあなたの)お嬢さんですか?」
と無邪気に尋ねました。
ところが直後その二人は同い年だったという驚愕の事実が判明。
当然ながら親に間違えられた人の方は顔が強張っていました。
あなたが歳に見えたんじゃなくて(実際のところ私より年下だった)、
彼女が若く見えたのよ、
と賢明に言い訳をしたものの、
そんなものは山火事にふりかける一杯の水のようなもの。
もう怖くてその人には声をかけられません。

大人の証明
Share/Bookmark


babette.jpg

新しいIDがなかなか出来ません。

また風邪をひいてしまったようです。
なんだかしょっちゅう風邪をひいて微熱を出している気が。
情けないです。
今回は咳が酷く、
しかもいつも(私は万年咳)と違いタチの悪い感じの咳なので、
会う人に心配されています。

最近どこかでF・K・ディックの作風について
「神経症的」と評している一文を見つけました。
SFに関してはリアルさを求める私が
完全にフィクションなディックを好きなのは
もしかしたらそこに惹かれているのかも(いや世界観かな)。

上の画像は『BABETTE』というシャム猫の童話です。
英語のプライベート・レッスンの先生が貸してくれたのです。
どうも既に絶版らしいですが(初版は1937年)。
この本に寄ると、
シャム猫は子供の頃は色は薄く、
大人になると黒っぽくなるんだそうです(本当かどうかは知りませんよ)。

unica.jpg

ユニカは全身かなり茶色なので、
赤ん坊のような振る舞いをしながらも
やはり大人なんだなーと思った次第です。

関係ありませんが、
英会話のクラスメートにユニカという名のオランダ人がいて、
私は彼女を見る度に我がユニカを思い出します。

明日・明後日は展覧会です。
くどいですが、
お時間がある方、是非。

【告知】 イル・マエストロ展覧会

今日も今日とてハーグまで(ゴホゴホ)
Share/Bookmark


咳が(ゴホゴホ)、
止まりません(ゴホゴホ)。
最近また寒いので体が冷えたようです(ゴホゴホ)。

私が働いているボランティア組織のオフィスは現在、
アムステルダムとデン・ハーグにあります。
それが、
近々ロッテルダムにもオフィスを開くらしい…
というウワサを耳にしたのは少し前。
ロッテルダムにオフィスが出来たら、
私は渋滞で悩む必要もないし、
労働時間を増やすこともできるわけです。
なんて素晴らしい。
データベースのオフィスの選択欄にも「ROT(ロッテルダム)」が出来たし、
これはいよいよ?
と思って本日部署のマネージャーに尋ねてみたところ。
「試みているのは本当だけれど、
 スポンサーが見つからないし他にもいろいろ問題があって話は進んでいない。
 出来るのは来年か二年後か数年後か、
 もしかしたら出来ないかも」
ということで「期待するな」と言われました。
そうですか。
残念です。
余計な期待を持たせる選択肢を作らないで欲しいものです。
とシステム担当者に言いたい(が言えない)。

それにしてもねー、
英語がねー。
日本人の友人といると時々「英語ができる人」扱いしてもらえたりもする私ですが、
実際はやっぱりねー。

オフィスでは月に一度部署のミーティングがあるのです。
因みに今月は今日でした。
もうね、
理解するのにいっぱいいっぱいで、
発言なんて出来ません。
これが緊急事項でどーのこーの、
とみんなが話している時、
「今何て言ったんだろ?」
とか考えているんですから。
今日なんて部署の中で恐らく私が一番得意とする分野の話が出たのに
(つまりPC関係)、
全然有益な発言が出来なかったです。
あああもどかしい・・・。

三年以上もオランダに居ながらオランダ語を話せないと言うと
時々オランダ人に冷ややかな目で見られますが、
そんな余裕、
はっきり言ってありません。
いや時間的余裕はあるかもしれませんが、
根性がないので。
見逃してください。
英語で充分苦しんでいます。
オランダ語でも苦しんでますけど。

現在首を暖めるべく、
ほぼ日のハラマキを首に設置しています。
結構いいですよ(ゴホゴホ)。

唇ソファが欲しい
Share/Bookmark


joy.jpg

今日こそはジムに・・・、
と思っていたのだけど行け(き)ませんでした。
午前の買物が予定外に長くなって、
と自分に言い訳をしつつ。

なんか展覧会の話題ばっかりで申し訳ないのですが、
前回の告知(【告知】 イル・マエストロ展覧会)に
Google カレンダー ボタンをつけてみました。
↓ こういうのね(と、ここにも貼っちゃいますが)。



Google カレンダーをご使用の方、
ご活用下さい。
と書いていますが、
自分で実験したところ、
実はあまり便利とは思えません。
何か間違っているのでしょうか。
誰かこの便利さを教えてください。

話はがらりと変わり。

私、野宮真貴のブログをチェックしています。
まー、やはり気になる人なので。
野宮真貴は写真の撮られ方をすごく気にしているようで(それはそうか)、
大体カメラに向いている顔の角度は同じなんですね。
もちろんバッチリメイクもして、
年齢を考えると素晴らしい美しさ。
と日々感嘆していたのですが。
先日(5月19日)の記事には(おそらく)すっぴんの写真が!
サングラスはかけているのですが。
その写真に写っている野宮真貴は歳相応で
(正確な歳を知らないのでなんとも言えませんが、少なくともいつもより)、
野宮真貴ですら、
歳はとるんだな、
と思った次第です。
ザ・現実。

野宮真貴のおしゃれブログ

上の画像のソファのメーカー(ブランド)または名前をご存知の方、
教えてください。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。