2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
猫ばなし

|HOME|  

7歳になりました
Share/Bookmark


20100402_Unica.jpg

昨日(4月2日)はユニカの誕生日でした。
7歳になりました。
ぱちぱちぱち~。
スポンサーサイト

バスでパトロールする猫
Share/Bookmark


casper_m.jpg

久しぶりに猫のお話でも。
古い話(去年の夏)なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。

外を歩く猫というのは自分のテリトリーを持って
パトロールをするものです。
我が家のユニカのテリトリーは家の中だけですが。
イギリスのデボン在住のキャスパー君(12歳)のテリトリーはなかなか広く
(考えようによってはそれほどでもないかもしれない)、
パトロールにはバスが必須なようです。

以下ネタ元サイトから引用。

12歳の猫、キャスパーは毎日プリマスの自宅のそばにあるバス停から10:55発の3番バスに乗り込み、歴史的な造船所や海軍基地、歓楽街の中を通っていく11マイルほどの路線を回って1時間ほど過ごすのだそうです。

猫のキャスパー。「すぐ姿が見えなくなってしまう」ということでこの名前を付けられたのだそうです。

路線バスの運転手の一人、ロブ・ストーンハウスは「後部座席が好きなようで、よく丸くなって寝ています。時々他の乗客の足にじゃれついたりもしますが、それでトラブルになったことは一度もありません」と語っています。キャスパーは年老いており自分の降りるべきバス停に来ても眠っていることがあるので、起こさなければならないこともあるそうです。

飼い主である65歳のケアワーカー、スーザン・フィンデンさんは「キャスパーは毎日1時間ほど姿が見えなくなって、どこで何をしているのかさっぱり分からなかったのだけれど、ある日バスの運転手さんが、バスに乗って街を回っていると教えてくれたの。キャスパーは人間が大好きなので、バス停で待っている人達についていってしまったのかもしれないし、私もそのバス停からバスに乗ったことがあるから、それを見て何をしているのだろうと好奇心を持ったのかも知れません。」

キャスパーはこれまで推定で2万マイル以上バスに乗って旅をしたと考えられています。バス会社の広報担当者は、この無賃乗車の客に対してよく面倒を見るように会社から運転手に申し送りが行われているとコメントしています。


キャスパー君はバスが遅れても待つのでしょうか。
私がこのバスを使う用事があれば絶対この時間に合わせて乗りますね。

因みにキャスパーというのはおばけですね。
以前『キャスパー』という映画がありました。

4年間毎日同じバスに乗り込んでくる猫 - Gigazine

猫屋敷
Share/Bookmark


DSC03384.jpg

今日は猫屋敷に行ってきました。


DSC03382.jpg

ご飯を頂き(この後パスタも頂きました)、


DSC03387.jpg

アヒルとカモ親子にパンをあげました。
左上のちょっと大きいアヒルがお母さん。
子供はアヒルとカモの合いの子たち。
みんな私が行くと逃げましたけどね(猫屋敷のご主人には懐いている)。

さて猫は。

DSC03400.jpg

ママ、ヴィヴィ。


DSC03399.jpg

ココ、


DSC03398.jpg

モネとミロ。
他にレンブラントとダリがいるのですが、
シャイな二匹は姿を見せてくれませんでした。

他の家の猫たちを見るといつも「大きいー」と思うのですが(上の猫たちは5~7kg)、
よく考えたらうちのユニカが小さいのかもしれません。
と思ったら普通か。
もちろん種類によるのでしょうけど。

ネコを飼ってるみなさん。 あなたのネコは、重さ何kgですか?

因みにユニカは 4.5kg くらいです。

6歳になりました。
Share/Bookmark


20090402_unica.jpg

今日はユニカの誕生日です。
6歳になりましたよ。
おめでと~(ぱちぱちぱち~)。

写真は「遊んでくれるの待ってます」のポーズ。

猫の日
Share/Bookmark


20090222_cat.jpg
photo by yokviv

今日は猫の日らしいです。
「にゃんにゃんにゃん」だそうです。
ちょっとしつこいと思います。
2月2日の方がいいと思います。

ついでに
・世界友情の日(国際友愛の日)
・竹島の日
・食器洗い乾燥機の日
・おでんの日
でもあるらしいです。
食器洗い乾燥機の日?

ライフハッカー日本版でも猫祭り。

20090222_lh.jpg

[猫の日 特別企画] ぬこグラビア記事まとめ

ふと思い立ってタイトル画像を変えてみました。
でもなんとなく不満なので元に戻すかも。

定期健診
Share/Bookmark


20081114_unica.jpg

ユニカの。

今日は年に一度の定期健診でした。
雨が降っていたのでユニカを連れて出かけるのは辛かったです。
雨のせいかいつもより大騒ぎするし
(車中ずっと騒ぐので、いつも私は事故りそうになる)。

体重を量って耳と歯をチェックしてワクチン接種。
ユニカは育ってました。
大人なのに。
去年は4.3Kgだったのが今年は4.9Kg。
はっきり言ってデブです。
まあ太ったなあー、とは思っていたんですけどね。
お医者さんにも
ちょっと食べ物を減らして、
たくさん遊んであげた方がいい、
と言われました。
そうか・・・、医学的にもデブ範疇に入っていたか・・・。

そしてもし日本に連れて帰るなら、
移動用のキャリーはもっと頑丈で大きいのにした方がいいよ、
というアドバイスも受けました。
今から慣らしておいた方がいい、と。
今日買いに行く時間はあったのですが、
雨なので気力が出ず、断念。
まあ近いうちに・・・。

しかし以前はオランダの天気は変わりやすかったのに、
最近は一日中雨、
という日本のような天気が増えた気がします。
なんだかな。

そしてこのフラットに来て四年目、
初めてまともに隣の部屋の奥さんと会話しました。
ずっと嫌われているような気がして苦手だったのですが、
この間留守中に物を預かってから愛想が良くなった気がします。
ふーむ。

日本へのユニカの持っていき方(6) ~検査結果
Share/Bookmark


unica_20081021.jpg

~前回までのあらすじ~
悪者1は最後の力を振り絞って驚愕の事実をカーライルに告げた。
先の事故で死んだと思われていた保安庁Xは、
実はアルセーヌ・ルパンの変装だった・・・。
(『813』ですね)

今日はユニカの検査結果を受け取りに獣医さんに行ってきました。
友人は結果は自宅に送付されたそうですので、
獣医さんによってこの辺りは違いそうですね。

結果が来たよー、大丈夫だったよー。
と連絡を受けたのは先週の半ば。
「いつでもいいから取りに来てね。」
と言われたのでその週の金曜に行ったところ、
「先生がいないから今は無理ー。
 出直してくれる?」
と受付の人に言われる。
オイ。
と突っ込みたいところをぐっと堪え、
こちらもいろいろ押し付ける。
「じゃあパスポート(ユニカの)とこの書類を置いていくから
 先生に書いてもらって下さい」
獣医さんに書いてもらわなければならない書類がいくつかあるのです。
「輸出国政府機関発行証明書」って書いてあるけど
これって固有名詞じゃないですよね・・・。
とにかく血の検査結果を証明する書類とか、いろいろです(←よくわかっていない)。
こういうの↓

form_C.jpg

これは指定外地域(イギリスなど一部を除く全ての地域)から
輸入する場合の書類Cの一部。
書類はAとCがあります。
何故“B”が抜ける?(Bは指定地域用の書類らしい)
それから輸入40日前に提出する書類(「届出書」)もあります。
あと「輸入検査申請書」っていうのもあるぞ。
これで全部? 本当?

話を元に戻し、
火曜日なら準備できているから、
という連絡を改めて受け、
火曜日の本日、
お絵かき終了後、
(ジムをさぼって)獣医さんへ。

検査結果は「絶対失くすな」と念を押される。
「再発行はしないから失くしたらもう一度検査よ」
だそうです。
結果の書類には数字が書いてありますが、
素人の私には意味不明。

書類は一応埋めるところは埋めてもらったものの、
書類Cは出発48時間前に(多分何かを調べて)記入するものらしいので
出発が決まったら連絡しろというお話。
書類Aは自分で記入。

いや確かに48時間前って書いているのですが、
48時間前?
政府のスタンプを押さなきゃいけないんじゃないの?
間に合うの?
と不安になる私。
いずれにせよ、
11月には毎年恒例の健康診断を受けるので
それが終わってからじゃないと書けないこともあるんだそう。
(余談ですが、
 ユニカは毎年健康診断を受けていますが
 人間はオランダに来てからまだ一度しか健康診断を受けていません。)
ふむむ。

そして私は気付いてしまいました。
ユニカは2003年生まれなんですね(2003.04.02生まれ)。
これは血統書に記載してあるので正しいはずなんです。
しかし病院には2002年で何故か登録されているのです。
恐らく最初の登録時の間違いだと思います(登録したのは私じゃなくて前のオーナー)。
私はずっと気がついていたのですが、
まあいいや。
と思って放置しておりました。
それが今、この手続きにも影響が。
血液検査の書類を見るとやはり2002年生まれに・・・(まあいいや)。

こうしてユニカは一歳年上の猫として日本で登録されることになるのでしょう。
(まあ私もロッテルダム市役所には
 日本に存在しない県の出身で登録されてますけどね)

必要書類については時間ができたら
もう一度ゆっくり見直そう・・・。

日本へのユニカの持っていき方(1) ~必要準備期間
日本へのユニカの持っていき方(2) ~手順
日本へのユニカの持っていき方(3) ~そして第一段階
日本へのユニカの持っていき方(4) ~・・・あら?
日本へのユニカの持っていき方(5) ~毛刈り編
日本へのユニカの持っていき方(6) ~検査結果

日本へのユニカの持っていき方(5) ~毛刈り編
Share/Bookmark


Unica_20081006.jpg

~前回までのあらすじ~
謎の医者は隠蔽された過去について語る。
・・・。
思いつかないので今回は省略。

今日は血液検査のための血液採取に行ってきました。
「注射のために毛を刈るからね」
と医者に言われ「ほお毛刈りか」と興味津々で眺めていると、
大きなバリカンで医者の手は二度三度、四度とユニカの肌を滑っていき・・・、
気がついたら予想を遥かに超えた大きさのハゲができておりました(写真参照)。
針を刺す場所なんて「ポツン」くらいなのに。
アレルギーのためにできたハゲがようやく治ってきたと思ったら、
今度は毛刈りでハゲ。
女の子なのに・・・。

血液サンプルは獣医さんが検査機関に送ってくれ、
結果は一週間から10日くらいで分かるそう。
もし結果が好ましくない場合、
再度、
ワクチン接種&一月の待機&血液検査
だそうなので、
もはや時間ギリギリ(アウトだけど)のユニカと私としては
ただただ祈るばかり。

そしてそれとは別に心配事が。
8月に埋め込んだマイクロチップに関する書類が届くはずなのですが、
未だに届かない。
何か手違いが起こっているのだろうか・・・
既に時間の余裕なんて全くないんだけど・・・
とドキドキしながら病院で確認してもらったところ
一応ちゃんとレジストリはできている、そう。
(ネットで確認ができるらしい。便利な世の中だ)
だから心配することはないよ、
と言われたものの、
この数年のオランダ生活ですっかり懐疑的になっている私は
心配を完全には払拭できないでいます。
はい。
でもとりあえずその言葉を信じるしかできない私。

次は検査結果受理?
手順を確認しないと・・・。


日本へのユニカの持っていき方(1) ~必要準備期間
日本へのユニカの持っていき方(2) ~手順
日本へのユニカの持っていき方(3) ~そして第一段階
日本へのユニカの持っていき方(4) ~・・・あら?
日本へのユニカの持っていき方(5) ~毛刈り編
日本へのユニカの持っていき方(6) ~検査結果

日本へのユニカの持っていき方(4) ~・・・あら?
Share/Bookmark


想定外の事実が判明しました。
あ、その前に前回までのあらすじですが、

事件の調査を進めていくうちに主人公は驚愕の事実を知る。
そこに現れた一人の謎の医者。
彼女はその事件を知る数少ない生存者だと言うが・・・?
連載第四回!

で。

今日はマイクロチップ装着後の第二回目の狂犬病予防接種でした。
ワクチン接種と言った方が正確なのでしょうか。
まあとにかく vaccination です。
私の予定では
接種後すぐに血液採取し検査にまわしてもらう、
だったのですが、
医者は当然のようにこうのたまわったのです。
「じゃあ3、4週間後に来てくださいね」
一瞬理解ができませんでした。
はい?
えーと、
何週間か待たなくてはいけないのかしら?
「そうじゃないとワクチンが働かないから」
愕然として言葉を失う私。
(今気がついたのですが、
ワクチンと vaccination は同じ単語じゃないですか)

私は準備期間を7ヶ月と見積もっていたわけです。
180日間の待機+ワクチン接種のための30日。
検疫サイトにも「7ヶ月以上前から云々」と書いてあったし。
そこにはワクチン接種から血液検査までの待機期間なんて
入っていないわけですよ奥さん。
もしかして春には間に合わないかも?
・・・

そして二人の獣医さんとともに日数を数え、
極力早く済ませるようにスケジュールを組みました。
それでも来年春に帰国になったら間に合わないのですけどね~、ははは。
医者には「何とかします」とは言ったものの、
さあどうなることやら。
何とかするしかないんですけどね。
来年異動にならなければ(あるいは異動先が近場であれば)問題ないのですが。

そんなわけで訂正。
日本へのユニカの持っていき方(1) ~必要準備期間」で
書いた7ヶ月は8ヶ月と訂正します。
医者にも寄るのかなあ・・・。
そんなことはないと思いますが。


日本へのユニカの持っていき方(1) ~必要準備期間
日本へのユニカの持っていき方(2) ~手順
日本へのユニカの持っていき方(3) ~そして第一段階
日本へのユニカの持っていき方(4) ~・・・あら?
日本へのユニカの持っていき方(5) ~毛刈り編
日本へのユニカの持っていき方(6) ~検査結果

猫めくり
Share/Bookmark


nekomekuri.jpg

既に巷では知られているのかもしれません。
猫めくり。
和みます。

猫を見て和むのなら自分家の猫を見れば良さそうなものなのですが、
それはまたちょっと違うのが現実の猫と写真の猫の違いでしょうか。

猫めくり

時々パンダが紛れ込むというウワサである。
しかし修正されるというハナシもあるのが残念なような
しかしやはりコンセプトを考えると…
な感じです。

今日はちょっとダメな日だったなあ。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひじり

Author:ひじり
ブレダより愛を込めて

このブログについては こちら から。

 

関連サイト
もう一つの In The Cage(停止中)
ひじりの読書記録

干支つきオランダ時間


午前か午後かはご想像にお任せします


最近の記事


カテゴリー


Twitter ブクログ 更新状況



コメント


トラックバック


月別アーカイブ


ひじり用

ブログ内検索